FireworksCS6をmacOS Mojave(10.14)にインストールする

ツール
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
今回はmacOS MojaveにFWのCS6をインストールする方法を書いて行きたいと思います。

【はじめに】なぜ今だにFireworksを使うのか?

ファイヤーワークスは、サクッと画像を編集して、書き出すという、デザイナーではないWEB制作者にはいまだに最適な使い勝手だと思います。

切って貼ってが直感できにできますし、スライスも貼りやすい、
そしてなんと言っても、カンバスを、オブジェクトに最適な形にフィットさせるこの機能が他のツールではないのです。

どこかのバージョンでは「カンバスをフィット」と書いてあった気もします。

最近では、Gravit Designerが比較的代替になりそうですが、それでも総合的にはFireworksが今後もサポートしてくれてれば・・・と思わずには居られません。非デザイナーならなおさらだと思います。

インストール方法

さて、インストールには少しコツが要ります。
そして、おそらく10.14が32bitアプリケーションをサポートする最後のOSになる見通しからFireworksをインストールできるのもこのバージョンまでになるでしょう。

以下手順です。

  1. FWのインストーラーをダウンロードする
  2. javaをダウンロードする
  3. セーフモードで起動し直す(再起動して、すぐに「shift」キーを押し、そのまま押し続けます。)
  4. javaをインストール
  5. FWをインストール

FWのインストラーをダウンロードする

ますは、Creative Cloudのアプリで、古いアプリケーションを表示にします。そこからインストーラーをダウンロードしておきます。

javaのダウンロードをする

以下よりjavaのインストーラーをダウンロードします。

Macをセーフモードで再起動して

再起動の方法は「shift」キーを押し、そのまま押し続けます。

そのあとは、先程ダウンロードしておいた
・javaforosx.dmg をインストール
・Fireworks_12_LS16.dmg をインストール

それぞれ警告がでたりしますが、OKとしておけばよいでしょう。

そうすれば、起動はちょっと遅いと思いますが、FWが使えるようになります。

今の所僕がつかってみて動作は問題ないようです。

30代、40代のWEB系出身者で、僕みたいな非デザイナーのために、機能はこのままで良いので動いてほしいなというのが希望ですが、時代の流れですね(^^;

以上です。今回もありがとうございました(^^)

コメント