かぐやさまは告らせたい

映画
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです(^^)

映画「かぐやさまは告らせたい」がかなり良かったので映画レビューを書きたいと思います。
原作のアニメは未見ですが、見てみたくなりました。

最近はこのまえNetflixで知った『賭ケグルイ』など、実写版の方からアニメを知る機会が多いです(^^;

おもなストーリー

白銀御行(平野紫耀)、四宮かぐや(橋本環奈)の二人を主役に据え、
二人の告らせたいという頭脳戦から始まり、終始二人の恋愛模様を軸に物語は進みます。

中盤は、貧乏人の白銀御行と、財閥令嬢の四宮かぐやの各々の悩みが描かれ、

そしてクライマックス、フィナーレと続いていきますが、必ず全てのシーンに崩しをいれているコメディ作品に仕上がっています(^^)

見どころ

お目当てとしては、キンプリの平野さんや、橋本環奈さんというダブル主演なのでしょう。僕もその前情報だけで、なんとなく気になって観賞した組です。

そして、この二人の演技は予想通り楽しめました。

橋本環奈さんも安定感というか、この人が出ていれば作品が一つ成立するといった女優さんですね。
その他の役者のプラスαがあって、この作品が濃厚に楽しめるエンタメ作品になっています。

脇役が濃厚だった

(C)2019映画「かぐや様は告らせたい」 製作委員会 (C)赤坂アカ/集英社

まず、藤原千花役の浅川梨奈さん。

アイドル、グラビアからだんだんと女優として進んできていますが、制服でも隠しきれないスタイルと、

海のシーンでは水着の映像もでて、ここはそういったファンを意識しているとお思います。そういった意味ではある部分では主役を食っているといった見かたもできるかもしれません。

髪色、アニメ声、天然のキャラクター、八重歯といった特徴から
綺麗に整った容貌の他の生徒会メンバーの中に交じると、
ついつい目を引いてしまう存在です

そして石上優役の佐野勇斗さん。

印象的だったのは、かぐや様に睨まれる部分や、
クライマックスの見せ場と、その後の踊りの下りでしょうか。

十分な存在感を示していました。

そしてやはり抜群の存在感というか、彼が出ていると、いつ何時も、彼の個性に画面内や演出が染まってしまう俳優「佐藤二朗」

彼が出ている場面は、映画もCMも全て、佐藤二朗の色に画面内がそまります。

今回も、そこだけ「かぐやさまは告らせたい」の箱の中に繰り広げられる、佐藤二朗ワールドが半端ない(^^;

もうほかの出演者は主役の二人だろうと、脇役のような扱い。大爆笑でした(^^)

その他も、髙嶋政宏さん、堀田真由さんには存在感がありました!

物語の設定が、王道から少しずれていて新鮮味がある

基本的には、濃いメンバーがそれぞれ絡み合って、物語に深みをもたせながら進行していくのですが、

すこし設定が新しいんです。

貧乏人の男と、お金持ちの女の、格差設定ですが、
よくある、親が反対するとか、住む世界が違うなどの、悩みといった部分がほぼない。

それどころか、名門校のイケメン秀才生徒会長は、彼の家族の中ではお母さんのポジション。

遊び人の父親と、妹の料理をつくっていました。
また父親が謎で、中学生のような言動が多いのです。

妹が唯一、僕らの身近にいそうな理解しやすいキャラクターかなと思いますが、
そこも見かたによっては十分個性的という、

面白さが虹のように様々な色で一つの作品のなかに調和しているのです。

まとめ

ということで、以下の方におすすめです

  • 平野紫耀、橋本環奈が好き
  • 佐藤二朗の笑いが好き
  • くすっと笑えるようなシーンが好き
  • 気楽に笑ったり、楽しめる映画を見たい

ちょっと「かぐやさまは告らせたい」は細かく良い要素が沢山つまっていて、
その上で非常に面白い作品になっているため、表現が難しかったですが、僕としては僕がみた今年の映画では5本の指に入る傑作だと思いました。

以上です。今回もありがとうございました(^^)

コメント