企業のWEB担当がHTMLを覚える意味は?【マーケターなら知っておいて良い】

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
今日は、社内勉強用にちょっとHTMLの勉強会を開いたので、企業のマーケター、販促担当はWEBの技術を多少しって置いたほうが良いというお話をしていきます。

サンプルのページ

HTML、CSS勉強。サンプルページ。

イメージとしては↓

https://purazumakoi.info/sample/html/190514/画面イメージ

講義内容1:HTMLとCSSでページは作られています。

社内勉強会の時にこんなホワイトボードを書きました。
※流行りの文字が足りない笑

HTMLは要はwebサイトの「テキストと構造」を作ります。

HTMLだけで作られる物のイメージは「小説」です。

HTMLは構造と文章(テキスト)を作るものです。
HTML自治は

イメージとしては作文、論文、小説のようなものです。
その後、装飾もできるようになっては来ましたが、
現在は装飾(色をつけたり余白を微調整したり)は本来のHTMLの役割ではないのでCSSとうものが担当になります。

HTMLはもともと、論文を共有するための言語であった。

CSSを使うと、装飾ができます。

これまたホワイトボードでCSSのイメージを書きました。
※装飾の文字がw

CSSは、文字に色をつけたり、余白を調整したり、レイアウトを変更できたりします。
HTML+CSSで、今世の中で表現されているWEBページの見た目は全て実現できます!

多少補足があるとすれば、javaScriptを使って動きの部分を盛業してたりしますが、まずはHTML+CSSができるだけで、綺麗なWEBページが作成できますね。

WEBページがどのように作られているかを知ると仕事が楽に進められる

今は情報社会なので、どういう仕組で作られているかをしっているかどうかで、納期や費用の交渉がかなり違ってきます。

僕はWEBエンジニアを9年やっていたので、他の人より安くやっていただけたり、力の入れるべき所や、諦める所の塩梅ができるので、制作会社さんと上手くコミュニケーションがとれます。

なのでやっぱりWEBマーケターなら多少は知っておいて損はないかなと思います。

以上です。今日もありがとうございました。

コメント