読書

【要約】なんのために学ぶのか 池上彰「学びの喜びを教えます」

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)
主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。

今回は本の要約、書評をしていきます(僕の意訳も含みます)
タイトルは池上彰さんの著書「なんのために学ぶのか」です。

小学校、中学校、高校生のときは「勉強」をしてきました。
大学生、社会人、リタイア後は「学び」をしています。

勉強というと、辛いものという印象がありますが、
学びは喜びを与えてくれます。

結論として本書は「学びの喜びを」与えてくれます。

プラズマコイ

学ぶっていうことは楽しいことです。

はかせ

池上彰さんの人気の秘訣は、
お手軽に学びを与えてくれるからじゃな。

本の内容から主に僕が共感できたことや、皆さんにお伝えしたい所を抜粋して解説します。

本はこちらから購入できます(^^)

【幸福】知ることが幸せ、知らないと損をする

学びは、幸せに過ごすためにとても役にたちます。

新しいことを知ると「なるほどねぇ」と思い、自分が成長したように感じますよね。人間には知識欲があるで、毎日新しいことを「知ること自体が幸せ」の秘訣になります。

また、知識がないと損をすることも多いです。
例えば、食品を買う時「Aのスーパーより、Bのスーパーの方が商品が安いことを知らないと損をします

知識欲を満たせるのと、損得を判断できるようになることが
「学ぶ」ことの意義と言えますね。

「学ぶ」と人は幸せになれる

  1. 【知識欲】そもそも新しいことを「知る事は楽しい」
  2. 【損得】知識武装をすれば損をしない

【仕事】一流の人は基本を大切にする

興味を持つことが学びの入り口

学ぶというと、大変なめんどうな事に感じるかもしれませんが、
その本質は「好きなことを好きなように知る事」です。

自分が好きなことを、多く知っていれば、
「その知識の掛け合わせ」で他の人が生み出せない優れた事ができるようになります。

そのため一流と言われる人々は「継続は力なり」の習慣で日々新しい学びを行っています。

イノベーションは「基礎と基礎の掛け合わせ」

セレンディピティという言葉があります。
僕が訳すなら「なにげない偶然が起こすひらめき」でしょうか。

普段から、興味の赴くまま、さまざまなジャンルの本やYouTubeなどを見て「知識の源泉を満たしておく」といつかそれらが結びついて、斬新なアイデアにつながるということです。

1つ大切なのはセレンディピティは自分の頭で考える人にしか発生しません。

基礎的な知識をどれだけ持っていても、それを使って新しいアイデア生み出そうという「意思や行動が必要」ということも合わせて押さえておきたいです。

Appleを企業したスティーブ・ジョブズの逸話で有名なものがあります。

彼は大学を中退しながらも「興味があったから」
アルファベットをどのようにデザインするか?という「カリグラフィー」という授業を受けていました。

その経験が、Apple製品の美しいデザイン造形や、フォントの美しさに生かされていると言われています。

【伝える】知識をやさしく解説できるようになる

プラズマコイ

知識を誰かに伝える!

知識は学ぶだけでも楽しいものですが、
お金と一緒で「使うため」にあります。

新しく学んだ事は、誰かに言いたいですよね。

やさしい言葉で解説できると最高

プラズマコイ

自分の知識を、やさしい言葉を使って、
日常の例に例えて誰かに話そう♪

池上彰さんや、人気のYouTuberの特徴として
「わかりやすい」というのがあります。

わかりやすく、伝えられ事は1つの能力

  • 【比喩】日常の生活に例えて話す。
    (先程のAのスーパーとBのスーパーの例をだしましたね)
  • 【簡単】むずかしい専門用語を使わず、多くの人がわかるように表現する。
  • 【要約】要するに、こっちが良いんです!こいつが犯人です!と分かりやすく結論を言ってくれる

特に専門性が高くて一般的に馴染みのない「政治・経済・お金」は「例えるなら・・・」で話してくれるとわかりやすいですね!

また、自分が誰かに伝える時に、
日常の別の場面に例える事ができる場合「本当に自分が理解できている証」とも言えますね。

【注意】自分の頭で考えよう

読書は「他人の頭を覗いている」

【プラズマコイの私見】
良い先生の特徴が見えてきます。

良い先生は「私の意見を鵜呑みにせず、自分で物事を判断しよう」と伝えている人

読書などで知識を学ぶのもとても大切なのですが、
それはあくまで、その人が調べた結果や、その人の考え方を学ぶ行為です。

大切なのはその知識を「自分の考える素」として取り入れて行く事です。

自分の頭で考えるのが重要な理由

たとえば、怪しい宗教団体「○○真理教」などをテレビで見たことがあると思います。

なぜこういった宗教が成り立っているかというと「自分の頭で考えたくない人」が多いからです。

逆に言うと、こういった宗教団体を避けるためには、自分の頭で考えて、自分で決断する「自分の人生の責任を自分で持つ必要」があります。

自分の頭で考える訓練法

例えば誰かと会話している時、
「君はブラームスの何番が好きかね?」と聞かれたら何と答えるでしょうか?

はかせ

「君はブラームスは何番が好きかね?」

プラズマコイ

(いや、そんなもん聴いてへんし)
なんて答えようか・・・

こんな時、わかりません!と答えるのはあまり良くありません。
「ブラームスは聴きませんがビートルズなら良く聴きます」と答えてて、
相手が求める「音楽ネタに対する回答」が出来ると良いですね。

プラズマコイ

いきなり、ブラームスとか言い出すのもどうかと思うけど・・・

【人間が考える】AIが導き出した答えの「その背景を考える」

近年では、ビッグデータをAIで処理して「理由はわからないけどAIが判定した結果に基づいて行動する」という事が懸念されています。

AIが導きだした結果は答えではなく、ヒントにするべし

本書によると、1983年、アメリカで「アメリカの学生の学力が右肩下がりで低下している」という結果が発表されました。

これはSATという日本における「大学のセンター試験」のような物の点数をつかった分析結果でした。

要はこういった解釈をした

  1. センター試験の平均点数が毎年下がっている
  2. これは!アメリカの学生の学力が下がっていると判断した

近年、再調査をすると、
実は「経済的なゆとりが生まれて大学に行ける人が増えた」結果であって「アメリカの学生の学力が下がったわけではなかった」ことがわかりました。

この結果は、現代におけると「AIが導きだした結果を安直に判断してはいけない」という学びになります。

はかせ

AIが導きだした結果を、正しく解釈することが重要じゃな

プラズマコイ

正しく解釈することは「人間の役割」ですね

グーグルの検索結果の仕組みも同じような問題を抱えており、
日々アップデートをしていますね。

「無知の知」がとっても大切

「無知の知」といったり、同じような言葉で「知的謙遜」という言葉があります。

これは「自分は知らないことがたくさんあるから、必ず正解を言えるわけではない」と言うことを知っているという事です。

このことから、謙虚な気持ちで人と会話できたり、学びの姿勢を持つことができます。

こうなると人間的にも立派な人と見られます。

プラズマコイ

ボクは100年生きた鯉!
酸いも甘いも全て体験済みだぜ!

はかせ

(君が知らないことは全然たくさんあると思うがの・・・)
この前発売した新しいプレステの事は知っとるのかの?

【まとめ】僕たちは何のために学ぶのか?

今回のまとめです。

  • 【幸福】知ることが幸せだし、知らないと損をする事は多い
  • 【仕事】一流の人は基本を大切にする「基本 x 基本」が価値を生み出す
  • 【伝える】知識をやさしく解説できるようになれば本物の知識
  • 【人間が考える】AIが導き出した答えの「その背景を考える」考える事が人間の仕事
  • 「無知の知」がとっても大切。自分の知らないことは多い
プラズマコイ

ま、勉強は辛いものってイメージがあるけど、
自ら好きな事を学ぶってのは楽しいよね♪

この記事を読んで興味がでたら、以下よりご購入をお願い致します(^^)

関連コンテンツです。

体に良い食事を知って、その上で何を食べるかを考えましょう。

【要約】世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 ー 本当に健康に良い5つの食品とは? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 今回のテーマは、食...

AIが発達してくると、人間に求められる仕事も変わってきますね

【要約】働き方5.0 - 落合陽一 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、落合陽一さんの著書、働き方5.0を要約、紹介します。※一...