失礼な人、無礼な人にどう対応するか?【礼について考える】

学び
スポンサーリンク

こんにちはプラズマコイです。
今日は「礼」の意味を紐解き、
失礼な態度はどんな状態の事を言うのか?と言うことを考えてみたいと思います。

「礼」の意味

(れい)とは、さまざまな行事のなかで規定されている動作や言行、服装や道具などの総称。春秋戦国時代儒家によって観念的な意味が付与され、人間関係を円滑にすすめ社会秩序(儒家にとっては身分制階級秩序)を維持するための道徳的な規範をも意味するようになった。

wikipediaより

さっくりまとめると
”人間関係や社会秩序をより良くするための、道徳的な規範”
といった所でしょうか。

用例としては例えば以下ですね。

  • お礼・・・感謝の意を示す行為
  • 失礼・・・礼を失った、悪い行いのこと
  • 礼に始まり礼に終わる・・・武道の原則。勝ち負けよりも礼の方を尊ぶ価値観

失礼な人とは?

さて、ここからが早速本題です。

最近の僕のちょっとした葛藤というか、考えていたことがあります。
失礼とは何か?についてです。

よく言われるのは、傲慢な人が、貧乏な人に冷たく当たるといったような
強者が弱者に対して非道徳的な行いをするとう言う構図です。

しかし、最近の体験からちょっと違った観点もあるなと思いました。

無礼な人にも礼を以て接するべきか?

それは、礼儀を知らない無知(無礼)な人にも礼を以て接するべきか?という問です。

率直な意見としては、礼の意識を持っていない(無礼)な人に対しては
失礼な態度をとることは合理的な事かなと思います。

ただ、礼の精神は誰を中心とした観念かと考えた時、無礼な相手ではなく、自分であるべきだと思います。

結論:失礼には礼節を、無礼には無礼を返しましょう。

失礼は、一時的や、意識的なことと定義し、
ここでは無知や知恵が足りない無礼な人には無礼を以て接しましょうという結論をお伝えします。

ちなみに、失礼と無礼の違いはこういう事です。

  • 失礼・・・何らかの理由によって礼を失っている状態
  • 無礼・・・そもそも礼がない人

無礼な人に礼節を尽くすのは苦行に等しい

礼を一時的に失っている失礼の状態の人であれば、先の事も考えて、礼儀を以て接するのは良いと思います。

しかし、無礼にたいして、礼儀を以て接すると、言語が違う事になるので目線を合わせるために自らも無礼側に寄るのが良いかなと思います。

この辺りは時と場合によって正解も変わりそうですが、そもそもの「礼」の目的に立ち戻ると、
人間関係を円滑にするためなのですが、そもそも礼と無礼は前提となる価値観(言語)が違うのでまず会話を成立させるため、「無礼には無礼で返す」にしないと会話が成立しません。

ただ、その場を波風たてず過ごすには、無礼にも礼節を以てやり過ごしたほうが良い場合もあるので、この辺りは個人の性格やそれによるその時での判断かなと思います。

参考

礼儀とは言語である。言語が違う人とは関係を作りにくいのは事実ですね。

人間のレベルもあるので、無礼や失礼に対してどう対応するのかはその時時の細かい状況次第で判断したいものですね。

コメント