なぜ日本人はTwitterが好きなのか?【TW、FB、IG比較】

学び
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
今日は、なぜTwitterは日本で広く使われているかについて考えてみたいと思います。

日本国内ではInstagramよりもFacebookブックよりもTwitterが人気

引用:https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-users より

LINEは1対1での電話のようなツールと考えると、いわゆるSNSというのはTW、FB、IGだと言ってもよいかと思います。その他は次世代のSNSやニッチなSNSということになりますね。

そんな中、日本では圧倒的にTwitterが人気です。今回はTwitterが人気の理由や日本人に親和性が高い理由を考えてみました。

Twitter人気の、機能的理由

Twitterは誰であっても、良質なコンテンツが勝てる市場という、懐の広さがユーザーが集まる秘訣かなと思います。

拡散性

Twitterは、拡散してどんどん広げていけるという特徴があります。
Instagramにはそんな機能はないですし、
Facebookは、実名でリアルタイムの繋がりという部分が強いので、
友達の友達や、その向こうまでと言った拡散がされにくいという側面があります。

そのため、特に個人や法人ののマーケティングツールに使われる場合が目立ちますね。より多くの人に見てもらえるからです。

リアルタイム性

拡散性も相まって、注目トピックスが、テレビや他のSNSより速く広まるので、これも誰よりも速く情報を入手することが可能となります。

人より情報を早く知れるということは、他人に先んじて動く事ができるので、ここもユーザーが集まる理由ですね。

ハッシュタグ

トップページで、注目のハッシュタグが上がってきていて、トレンドに乗りやすいです。トレンドに乗って、面白いコンテンツであれば「いいね」「リツイート」も集まりやすく、手軽且つ効果的に自分の意見が拡散されていくという要素は、個人の愉快な感情にも役立ちますし、ブランディングにも有用ですね。

Twitter人気の、日本人の文化的な理由

企業も、個人も差が無い(むしろ個人の方が向いている)

TwitterはFacebookに比べて、個人感が好まれる文化です。

堅苦しい表現はTwitterでは好まれません。その理由はユーザーの年齢層というよりは、気軽にどんなことでも投稿してよいというプラットフォームとしての文化的な側面があるのではないでしょうか。

その根本には、企業のPush要素が濃く出がちな宣伝よりも、個人的なつぶやきの面白さを歓迎する、そんなコンセプトで生み出されたものなので、企業のアカウントであっても、素人感、個人感がでているアカウントの方が人気がでています。

Twitterは長い文章を読まなくて良い

Twitterは日本語ですと140文字までしか書けないので、ブログのように、長い文章を読む必要がありません。そのため、多くの人のたくさんの投稿に目を通すことができます。

長い文章の1テーマを深掘りするのはブログというメディアが別にあるので、そうではない、もっと次々に情報が流れてくるもの(タイムライン)が受け入れられているのだと思います。

もう少し深く思考していくと、ブログ→SNS(Twitter、Facebook、Instagram)→ 動画(YouTube、tiktok,17Live)といった時代やトレンドメディアの変化が感じられます。

近年、子供の読解力(国語力)の低下がさけばれていますが、文章を読むよりも、動画で楽しく、五感をつかって理解する、より手軽に理解をできるメディアに人気があつまるのは自然な流れなのかもしれません。

匿名文化、マルチアカウントの使い分け

日本人は、2チャンネル(現5チャンネル)、mixiといった匿名文化、マルチアカウント文化があります。ネットとリアルでは別人格を使い分けるのを好むということです。

これは本音と建前が存在する日本ならではですが、
Twitterは個人で複数のアカウントを持つことができます。
Instagramもそういった事が可能ですが、Facebookは実名が前提ということで、複数アカウントは規約で禁止されています。

日本人のITリテラシーの高さ

Facebookの実名文化ならではの安心感より、Twitterの自由や複雑性を上手く操るITリテラシーの高さもTwitterが受け入れられる土壌になっているかなと思います。

日本は先進国で、スマホが定着してからの期間も長く、複雑なマルチアカウントを使いこなすことができるというデジタルネイティブな要素も多分に影響していると思われます。

まとめ

3つのSNSは以下のように定義されます。

  • Twitter・・・リアル、ネット上、趣味ごとのクラスタでの情報収集
  • Instagram・・・写真がメインの、体験やアートがメインの交流場
  • Facebook・・・フォーマルな場、リアル寄りの交流場

こういった特徴のなかで、Twitterは、そのリアルタイム性から、時事トレンドなどのゴシップ、経済、政治なの全てのニュースが集う場所であるため、情報とユーザーが集まる。そんな理由から、日本で最も人気があるSNSだと言えますね

コメント