【書評】Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
今日は、【Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である】という本を読みましたので僕たちサラリーマンが取り入れやすい部分を抜粋しながら、感想、レビューをしていきたいと思います。

【本書の結論】笑顔と優しさが大切ですという事

まず結論としては、イライラしてても良いことはない!ということです。
相手に尊厳を持って接し、年齢や役職にも関係なく・・・

それは難しいですね(笑)

相手があってのことですので、今日はまず自分が取り入れられそうだなと思った部分を抜粋して行きたいと思います。

職場の1人がイライラしてると全体の空気が悪くなる

まず想像してみてください。
あなたの職場で一番イライラしてたり、言葉がきつい人は誰でしょうか?

そして、その人が休みのときの職場の空気はどうでしょうか?
その人がいないと、ちょっと安らいだ雰囲気になったりしないでしょうか?

その人が居ることで、刺激になったり、進むことができるのは認めつつも、職場の空気が悪くなると、仕事の成果が減ります。

本書の抜粋によると、無礼な態度を取られた人は、仕事ができない人になってしまいます。


48パーセントの人が、仕事にかける労力を意図的に減らしている

本書内の16Pより抜粋

上司が部下に指示を出したりする時に、最も気をつけなければならないのは、無礼にならないようにすることですね。

部下が仕事ができないのではなく、上司の態度によって仕事ができなくなっているという事もあるということですね。

多様性には「礼節」が必要

多様性が重要な時代といわれていますが、それでもやはり僕たちは感覚や考え方が”同じ人”と一緒にいたいと思う気持ちがあります。

人には色々な長所や短所があり、皆がお互い助け合って良い成果を出そうというのも、理屈ではわかりますが、自分と意見が違うということは、自分を否定されているという事になりますから、
意見の異なる他人を尊重するのは非常に難しいことです。

それ故に、礼節が無くてもそれなりに機能するように、会社などの組織は上下関係を作ります。

それは役職や、年齢によって規定されていて、そういった”枠”があるので上手くいく部分はあります。

しかし、これからは、その次のステージが求められています。

つまり、今までの上下関係の成果が100点だったとすると、
多様性を取り入れ200点の成果を目指す世の中になっています。

そうると、100点を超えていくように組織が進化しなければなりません。そうすると、そこで組織のより多くの人が「礼節」を身に着け、偏見をなくし、他人の意見を尊重し、なるべく働きやすい環境にしていくことが求められているのです。

そういった事を感じられる本でした。

本書には、礼節に関する様々なエピソードやテクニックが出てきますが、読了後に思うのは、

・いつもにこにこ(^^)していて
・相手を思いやる気持ちを持つ事

これをなるべくたくさん出来るように、日々の生活リズムを整えないとなと思います(^^)

Twitterやってます

コメント