ビジネス・仕事

【要約】ラクしてうまくいく生き方。自分を最優先にしながらちゃんと結果を出す100のコツ【ひろゆき本】

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、2ちゃんねる開設者で有名なひろゆき(西村博之)さんの著書の要約をしていきます。

タイトルは「ラクしてうまくいく生き方」です。
サブタイトルは「自分を最優先にしながらちゃんと結果を出す100のコツ」です。

プラズマコイ

読了後の感想としては、成果を出すコツや考え方100選って感じでした。

まず本書は冒頭の一行で、本書が何のために書かれている本かがわかります。

僕は極力、働きたくないんです。

本書の冒頭よりひろゆきさんの言葉を引用

そのため、本書はひろゆきさんの考える「人生がラクになる生き方・考え方」に触れることができます。

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ ← ポチッと応援

この記事では、本のなかの冒頭から「第一章」を要約していきます。

本書に興味をもったら、実際に購入していただくことをおすすめしますが、
個人的には、第一章は真剣に読むのをおすすめします。
第二章以降はパラパラとめくって、ほんわかした気持ちになるだけでも良いかなと思います。

それだけじゃ満足できない方は、第二章以降も、中で気になった1つか2つだけを採用して取り入れてみるといったスタンスが「ラクして生きる」という本書の趣旨にあっているかなって思います。

▼ 興味を持ったら是非、実際に手にとってみてください ▼

ひろゆきさんは「実業家」だがいわゆる社長さんとは違う

プラズマコイ

ひろゆきさんの生き方は「一般人」である僕たちにとっても非常に共感できます。

本書ではひろゆきさんはご自身のことを「プログラミングというスキルを持つ実業家」と定義しています。

しかし、ひろゆきさんはいわゆる「◯◯社長」という実業家たちとは印象がことなりますし、実際やっていることは違います。

  • 社長・・・バリバリ働いて事業を成長させる
  • ひろゆきさん・・・極力はたらきたくない

2ちゃんねるのイメージも相まって、大企業の社長というより、ニートの頂点と言われたほうがしっくりきますね。

ひろゆきさんは、会社を大きくすることに興味はありません。
自分がしんどくなくて、生活に十分なお金を稼げればそれで満足なのです。

お金持ちになりたい!と誰もが思います。
しかし実際のところは、お金があっても幸せにはなりません。

ひろゆきさんの生き方は「ラクして要領よく生きていく」ことです。
本書は「お金持ちでも、成功者になりたいわけでもない」という一般人が幸せに生きる方法をたくさん紹介してくれます。

大前提は「自分ルール」を作りましょう

プラズマコイ

自分の人生だもの。
「自分ルール」を作っていこう。

あなたの周りには、いろんなルールがありますよね。
まず国には法律があります。これは守らないと犯罪になります。
そのため、法律で決められているルールは必ず守らなければならないものです

しかし、暗黙のルールになっているものもありますよね。
「デート代は男が出さなければならない」「赤ちゃんは母乳で育てるべき」などです。

これらは、誰かが勝手に決めて、なんとなくみんなが従っているルールです。

あなたは、なんとなくみんなが従っているルールが多すぎて、
ルールに縛られて苦しくなっていないでしょうか?

確かに、他人の決めたルールに従っているだけではつらいですよね。
そのため、他人が作ったルールに従うかも含めて「自分のルール」としてして設定すれば「幸せに生きる人生」につながります。

目標はトコトン低くしましょう

プラズマコイ

低い目標でも十分なんです。

目標ってたいていは「やりたくないこと」なんです。
※「やりたいこと」は「やりたくないこと」の裏返し。

そして目標を決めても、なぜかやる気が出ないことってありますよね。

脳科学者の池谷裕二さんが言うには
「やる気」というのは虚構だと断言されています。

つまり「やる気」という言葉は、やりたくない人によって創作された虚構だということです、

要するに何が言いたいのというと、
どんなことでも「いったん始めるとなんだか気持ちが乗ってきて行動が続いてしまうのです」

【やる気とは?】
なにかをはじめる前にでてくるもの

なにかをはじめた後にでてくるもの

つまり目標は「1秒やる」「1つだけやる」とトコトン低くすれば案外あっという間に続けられるものです。

たくさん稼いでいる人は素直に応援しましょう

プラズマコイ

成功者は、たくさん納税してくれるありがたい人

今の日本は給料があがらず、がんばってもお金が稼ぎにくい社会です。

そうなると多くの日本人の目は、儲けている人に嫉妬する形に発展してしまいます。

しかしひろゆきさんは、そうではなく「高年収の人は、税金をたくさんもっていかれますし、たくさんの消費をしてくれて、消費税もたくさん払ってくれます」

それによって日本は税収を得られるのです。

そのため、あなたは嫉妬しても疲れるだけですし、貶めようなことを言っても、
彼らは悪いことをしているわけではないので、損をするのは結局疲れた自分だけとなるのです。

自分のタイプを知っておきましょう

プラズマコイ

自分がどこが向いているかを把握する

例えば仕事では自分がどのタイプかを知っておくと良いです。

3つのタイプは主に以下の通りです。

  1. 0から1を生み出せる人(天才タイプ)
  2. 1を10にする人(サービス拡大タイプ)
  3. 10を維持しながら11,12と成長させていくこと(運用保守タイプ)

ひろゆきさんは、一般的に①だと思われているのですがが、
実は違って、既存のサービスの魅力を引き出し、もっと面白く応用出来る人です。

このように、自分が輝ける場所を知れば、劣等感がなくなるのです。

自分の能力はこんなもんだと思いましょう。

プラズマコイ

自分に期待をしすぎないほうがラク

最初から自分に期待をしすぎず「自分の能力はこんなもんだ」くらいの気持ちで過ごしたほうがラクです。
事実として、ほとんどの人は凡人で、自分に期待をしすぎても疲れたり、つらくなるだけです。

仕事でも、自分がもし「クリエイティブなことを提案する能力が無いなら、それを相手によろこんでもらえるような営業をすれば良い」と思えます。

そこをクリエイターとして能力がないから、生きてる価値がない・・・なんて思う必要はないんです。

仕事以外の生き方でも、「高年収、結婚、子育て」といったレールに乗ってれば、幸せが与えられると決まっているわけではありません

自分には無理そうだなーとおもったら、独身で楽しく生きていくなど、違う方向に舵を切ったほうがいいわけです。

うまくいかなかったら”寝るが勝ち” 明日に回しましょう

プラズマコイ

寝ることはホント重要。
寝ることをおろそかにしない。

仕事や勉強が上手く行かないときは、どうしても残業したり、徹夜したりすると思います。

しかし「そういうときほどさっさと寝たほうがいいんです」

特に「仕事のアイデアや、勉強で覚えるべき公式」など「発想・学習に関すること」は寝れば解決したりします。

これは「レミニセンス(追憶)現象」と言って、
寝ている間に脳が情報の整理を行ってくれるのです。
そして朝起きたら、意外とパッとひらめいたりするのです。

他にも「新しい知識などを自分のものにするためには、6時間眠らなければならない」というアメリカの研究結果もありますね。

つまり「その日できることは、その日のうちにやるべき」なんてこだわらずに、ゆっくり眠って明日に備えましょうってことです。

成功者のマネはやめましょう。

プラズマコイ

その人の方法を全部なぞることはしない

成功者の行動を学ぶ本は本屋などにたくさん売られています。

しかし、その成功者の猿マネをしても、あなたはおそらく幸せにはなれないでしょう

成功者の本は、エンタメとして楽しむのは別によいと思いますが、
成功者の発言を真に受けて、自分はまだまだ!とか思わないようにすることが大切です。

理由は、もしあなたが「俺が世界を変える!」「そのためならプライベートを全て犠牲にする」という志をもっているなら良いかもしれませんが、
ほとんどの人は、そんな高い志は持っていない普通の人(凡人)なので、安易にマネしないほうがいいんです。

スリリングな冒険譚な人生よりも、
ごくふつうに楽しく飯が食えるという幸せを噛み締めて生きるのも良い人生だと思います。

論破をせず妥協しちゃいましょう

プラズマコイ

論破をしないほうが良いことも多い

論破王のひろゆきさんですが、何でも論破すりゃいいってもんじゃありませんと本書にはかかれています。

特に夫婦ゲンカは、相手を論破してもずっと根に持たれたりして、良いことなんて無いのです。
ひろゆきさんも夫婦間では論破しないようにしていたりしますね。

仕事でも、上司を論破して不満をもたれて、仕事を干されてしまっては本末転倒です。

特に日本では、相手と自分の主張の「中間のどこかで折り合いをつける」ということのほうが上手く進むことがほとんどなので、そのためには、妥協自分でいたほうがラクに生きられるということです。

【まとめ】ラクして生きるための自分ルールを作る

プラズマコイ

誰かが決めたルールも、
自分で考えて、マイルールにできれば満足な人生になります

ラクして生きるための8つの考え方

  1. 大前提は「自分ルール」を作りましょう
  2. 目標はトコトン低くしましょう
  3. たくさん稼いでいる人は素直に応援しましょう
  4. 自分のタイプを知っておきましょう
  5. 自分の能力はこんなもんだと思いましょう。
  6. うまくいかなかったら”寝るが勝ち” 明日に回しましょう
  7. 成功者のマネはやめましょう。
  8. 論破をせず妥協しちゃいましょう

▼ 興味を持ったら是非、実際に手にとってみてください ▼

なかなか本を読む時間って取れませんよね。
時間がなかったり、本を読むのが苦手な方は耳で聞くのがおすすめです。

Amazonオーディブルなら、無料会員をすると1冊が無料で聞けます。
30日の無料体験期間中に解約すればタダです。
課金したくない方は聞き終わったら解約を忘れないようにしましょう!

> Audible(オーディブル)の無料登録はこちら

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ ← ポチッと応援

関連コンテンツです。

【要約】ひろゆき著「叩かれるから今まで黙っておいた世の中の真実」 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は「2ちゃんねる」創始者で有名な、ひろゆきさんの著書である「...