お金・株式投資

20代、30代から目指す手取り月収40万円への方法と、その理由

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)
最近はお金を稼ぐ事に関して、人々の働き方が変わってきています。

僕も会社で務めていて、今の40代・50代の人と、20代・30代の人は、
年代によって「仕事とお金」に対する人生観が違います。

もちろん、年齢だけで一概に決めつける事はできません。
要は「精神的な若さ」があるかどうかです。

傾向としては年齢が上がるほど、新しいことを始めることができなくなり、
時代に対応できなくなってきます。

今回は、年齢があがるとチャレンジをしにくい理由と、
20代、30代、そしてまだまだ頑張りたい40代におすすめする、
月収40万円を目指すロードマップを紹介します。

プラズマコイ

僕と一緒にがんばりましょう。

僕もまだまだ道半ばですが、色々な事にチャレンジしながら、
「現実的」に「安定的」に月収を増やす方法に取り組んでいこうと思います。

年齢があがる程、時代に付いていけなくなる5つの理由

まず年齢が上がるほど、
新しい事にチャレンジすることが難しくなる傾向があります。

それは何故でしょか?

理由をたった1つだけ挙げるなら
欲しい物を、ほとんど手に入れてしまったからだと思います。

仕事、食事、家族の3つを手に入れてしまって、
更に暮らして行くのに困らないお金があれば、
頑張る理由は何も無いからです。

年齢があがるとチャレンジできない5つの理由

  1. 【保守する資産】家や家族、車など失いたくない物が多い
  2. 【思考停止】人生が長い分、経験値からのルールが決まってしまっている。
  3. 【健康】新しいことをしようにも、体力がない
  4. 【仲間】同世代で、新しいことにチャレンジをする人がいない
  5. 【学習への抵抗感】学生時代に勉強をして、今から再びやりたくもない勉強をするのは嫌だ

年齢があがっても頑張る人の特徴は3つ

30歳になっても40歳になっても50歳になっても、
ずっと頑張り続けられる人がいます。

”頑張り続けられる事”をやっている人です。

では、頑張り続けられる事ってなんでしょうか?

年齢が上がっても頑張り続けられる事は以下の3つ

  1. 【スキル】得意な事
  2. 【趣味】好きな事
  3. 【欲望】欲しいものを手にいれるための手段

頑張り続けられている人を見ていると、年を経ても続けられている事は
「高スキル、趣味、欲望」のどれかに属しているはずです。

今から目指す月収40万円の内訳

結論から言ってしまうと、以下の4つです。

これは手取りの金額です。

会社員で稼ぐ場合の「月収40万円」のイメージ

手取り月収40万円は「会社員の年収で620万円」

出典:CLABEL

税引き後の月収40万円を目指すと言っても、
ちょっとイメージがしづらいかと思います。

基本的には収入は課税されるので
税引き後、月収40万円の到達は・・・家族構成などにもよるのでざっくり計算ですが、
会社員の年収だと620万円になります。

30代後半で年収600万円超えの会社員は上位20%以内

出典:CLABEL

また2018年の調査では、
30代後半で、年収600万円以上の会社員の人の割合は、
男性では上位18.5%に、女性では上位5.1%以内になります。

プラズマコイ

30代で、月収40万は、上位20%以内に入ります。

そして今後の事として、今は40代は収入が高くなっていますが、
これからは40代、50代の平均年収は下がってくると予想しています。

理由は、日本が年功序列の給与体系を続々と見直して「実力主義」に移行していっているからです。

給料以外の収入を育てる理由

ここで、給料以外の収入を増やす理由を解説します。
最重要なポイントは「今後、給料は下がるから」です。

今後は年功序列の制度が崩壊して、徐々に40代以降の平均給与は下がっていくと予想できます。

そのため、会社の給料に収入を依存しないように準備することが求められます。

給料以外の収入を育てる理由

  1. 給料以外の収入源を確保するため
  2. 自分の力で稼げるようにするため
  3. 今よりもっと収入を増やすため

まずは、給料という安定した収入を維持しつつ、
その他の収入を増やすことにより、以下の2つの達成を目指します。

  1. 収入源のリスクを低減
  2. より多くの収入を増やす

また、少し話はそれますが、
収入を増やすための活動は、それ自体が「人生を豊かに意義深くしてくれます」

1度に実施する労働は3つまでにする

ここで先程の4つの収入源の表を見ながら気をつけたいのは
「労働は1度に3つまでにする」という事です。

プラズマコイ

一度に4つの労働は無理。
最大でも3つまでが目安です。

No項目種別働き方月収
1給与所得重労働拘束25万円
2ブログ中労働自由5万円
3楽天ポイントせどり低労働自由5万円
4株主配当不労所得自由5万円

会社員を辞めない前提で考えた時に、
会社員として、安定して収入を得る事はとても大切です。

その上で、ブログや、楽天ポイントせどりという、
自分の裁量で決められる事を増やして行く事を目指したいです。

【なぜ2つめが「ブログ」なのか?】
基本的に2つ目以降は「自分で决める」作業をするべきです。

理由は「楽に成果を出せるからです」

得意なことを出来たり、
自分で選べるならその作業へのコミットメントも上がるので

【まとめ】手取り月収40万円を目指す方法とその理由

この記事のまとめ

  • 収入は「給料、ブログ、楽天ポイントせどり、配当金」の4つの収入を目指す
  • 給料以外の3つは「取り組み易く、自分で決て行動する収入を選ぶ」
  • 今後、普通に会社員をしていると給与所得は減っていく
  • 低リスクで、給料以外の収入を得る事により、
    お金の心配をなくしていこう

関連コンテンツです。

小金持ちになるための方法を解説しています。

3000万円を貯める方法
【小金持ち】30代から始めるアッパーマス層(貯金3000万円)になる方法 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 皆さんはお金を貯められているでしょうか? 今の日本人は、高...