「Turn It Into Love」「愛が止まらない」から学ぶ【同じ素材でも全く違った形にアウトプットできる】

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちはプラズマコイです。
今日は、アートの感覚を持つとこんな学び、喜びがあり、オリジナルな仕事を実感できるというお話をします。

物事をアートで解釈する事が注目されている

2017年に以下の山口周さんの本がビジネス書籍界隈で話題になりました。

上記書籍の内容をざっくり言うと、
これからは創造力が必要な時代で、そのためには美的な感性が必要ですよというお話です。

論理的思考がもてはやされていた時代からの揺り戻しも感じますが、結局の所、論理だけでは解決できない問題が出てきたのでビジネスも美意識でアプローチする必要性があるということです。

僕は今回、同じ素材でも、アート・美意識の要素が違うとこれほどまでに違う作品になる、と言うことを意識したので具体的に書いていきます。

Turn It Into Loveとの出会いから考えを巡らす

先日、ゴルフの練習場のラウンジでくつろいでいたとき、どこかで未見覚えがある曲が流れてきました。それはカイリー・ミノーグの「Turn It Into Love」という曲です。
このyoutubeのタイトルから1988年あたりみたいですね。

Kylie Minogue – Turn It Into Love [1988] Music Video from DVD source

日本では、WINKがカバーして代表曲になったヒットソングなので、サウンドとしては結構聞いたことがある方も多いかと思います。

WINK – 愛が止まらない

ということで、このGWはずっとこの英語の方をヘビロテしてたのですが、
そのタイミングで今一度WINKのと、そもそもの原曲版のヘイゼル・ディーンのも合わせて聞いていたのです。

聴き比べて、自分が何かを捉えた事に気がついた

さて、このカイリー・ミノーグ版と、そのカバーであるWINK。
僕なんかは全く世代ではないので、そういった流れでヒットした?させた?などの情報はありません。

ということで、今回は調べる前にこの2曲を聴き比べて、自分の感覚で

  • なぜWINKがカバーをするに至ったのか?
  • 曲のアレンジの変化とその理由

を考えていきたいと思います。
ちなみに、なかなか表現が難しいですが、この”何か”に気づくことがアートの感覚かなと思っています。
この気付きをこの手で掴み、言語や表現に落とし込むことは、分析の要素が重要だったりしますので。

敢えて検索をせず考えてみる

現代は、ネット検索スキルが重要なので、検索するかと思いきや、ここで敢えて検索せず自分の感性で分析をしてみるわけです。

会議の発言などは、瞬発力が必要なので、こういった直感で判断をするための訓練はサラリーマンは結構大事かなと思います。

曲の比較をしてみます。

まず、その最終アウトプットである作品の違いを見ていきたいと思います。
歌詞、サウンドのアレンジも結構異なりますね。

比較元:カイリー・ミノーグの「Turn It Into Love」

歌詞の内容

これは和訳や英語から見るに、
女性から男性に向かっての全力メッセージですね。

その二人は友人で、おそらく男性が別の女性にフラれているか、友達関係を壊したくないと思っているのかだと思います。
そんな彼に私を好きになれば幸せになれるのに!私を好きになって!という想いが綴られています。

メロディーなど曲の雰囲気

80年代のユーロビート。4ビートの軽快なテンポで、とてもダンサブル(踊りに合う)ですね。
そしてサビがとてもキャッチーなメロディーで気分が上がる曲ですね。

歌声、歌い方

クリアな歌声と高い歌唱力、情熱を込めたパワフルな表現で欧米の歌姫感が満載です。

比較先:WINKの「愛がとまらない」

歌詞の内容

大本の女性から男性に向けた想いという幹は踏襲しつつ、
原曲のようなはっきりとした欲望は日本人向けに「奥ゆかしさ」を醸し出す歌詞にアレンジしている。

また、言葉の紡がれかたと、WINKの歌い方も相まって当時のトレンディードラマの雰囲気を歌詞のなかでも色濃く連想することができる仕上がりになっている。

メロディーなど曲の雰囲気

まず、曲の出だしのイントロサウンドが強めでキーも高めのアレンジとなっています。そういった節目節目のアレンジはカイリーの原曲よりエレクトロになっているかなと思います。

歌声、歌い方

しっとり艶っぽく歌謡曲のテイストで歌い上げている。日本女性の秘めやかに燃え上がる想いともどかしさが非常によく表現されていて、WINKにピッタリだと言えると思います。

蛇足ではありますが、振り付けのも当時の時代を感じつつ、WINKの特徴のマリオネット感がなんとも言えない情緒感をだしています。

結論:同じお題でも自分が作るものはオリジナルである

僕はいま、事業会社にいるからと言う部分もあり、100%前回と同じということがまずありません。

一つ一つの企画やクリエイティブ、エンジニアリングでも

  • 誰かのマネも色々な部分から取り入れるし、
  • 今という流行の要素を取り入れるし、
  • 今回の軸になる商品という主役の色によっても見え方は変わるし、

毎回最終的には自分がこれらの要素をどう感じ、どう考え、どうストーリーを立てるかによって、他の人が作るのと全く違う、自分だけの作品ができるわけです。

社歴が長くなってきたり、スキルや職位があがってくるに連れてこういった要素は求められもしますし、それ故に楽しいのだと思います。

こういった喜びを発見できました。カイリーとWINKにありがとうといいたいです。
今回もありがとうございました。

コメント