お金・投資

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は新時代を作ると評判の企業に投資できるおすすめの投資信託

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は大和アセットマネジメント株式会社の投資信託「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」の魅力と、構成銘柄、どんな人が投資すべき?かを紹介していきます。

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」とは?

それでは「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」の基本情報を見ていきましょう。

項目内容
運用会社大和アセットマネジメント株式会社
ベンチマークNASDAQ Q−50 インデックス
設定日2021/1/13
信託報酬年率0.495%
取扱い証券会社SBI証券・楽天証券・松井証券
(2021/1/14から取引開始)
※松井証券は1/25から

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は新進気鋭の50社の銘柄で構成

プラズマコイ

次世代の主役になる可能性のある
中小型株に投資できるファンド

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は「NASDAQ Q-50」に連動する事を目指す投資信託です。

NASDAQ Q-50とは

  • 将来的にNASDAQ100指数への組み入れが見込まれる企業で構成
  • 時価総額加重型の株価指数。時価総額でランク付けされた50社で構成
  • コンピュータ・ハードウェア・ソフトウェア、電気通信、小売業、卸売業、バイオテクノロジーなどの業種の企業で構成
  • NASDAQ-100指数と同様、銀行や投資会社を含む金融会社は含まれない

次世代の「GAFAM」候補銘柄がずらり

プラズマコイ

次世代の「GAFAM」になる企業はどれかな?

近年の米国の株式市場はGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の5社が牽引をしてきて成長しました。

ナスダック100 VS S&P500」で直近1年のパフォーマンス比較をしましょう。

1/28の直近1年のパフォーマンス比較

以下のS&P500も、ナスダック100も、
株価を引き上げたのはGAFAMです。

ナスダック100の方がパフォーマンスが出ているのは、
GAFAMの含有率が高いためです。

今後GAFAMが伸びる可能性は低いかもしれない

今はGAFAMが時価総額ランキングで上位を独占しています。
以下、2020年12月段階での世界時価総額TOP10の企業です。

2020年12月時点 参照サイト
プラズマコイ

もう「GAFAMは大きくなりすぎた」気もする

最近では、独占禁止法など、GAFAMへの政府の風当たりも強くなってきています。
今後GAFAMの株価の伸びは過去より鈍化すると予想ができます。

未来のことは分かりませんので、
GAFAMが次の革命的なサービスを出し続ける事も有りえます。

しかしプラズマコイはGAFAMよりも時価総額が低い、
中小型の成長株の方が株価が2倍、3倍になる可能性は高いと思っています。

そこで、次のGAFAMになりそうな、そこまで行かなくても、
これから株価が上がりそうな企業に今から投資をしたいですよね。

プラズマコイ

次のイケてる企業を教えて欲しいです!

そんな、次世代を作りそうなイケてる企業に投資できるのが
「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」なのです。

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」はナスダック100よりパフォーマンスが良い

注目したい所は、直近だと「ナスダック100よりこちらのほうがパフォーマンスが良い」ということです。

ナスダック次世代50指数連動ETF:QQQN
ナスダック100指数連動ETF:QQQ

2020/1/28時点で過去1年のパフォーマンスを比較してみます。

プラズマコイ

今後もナスダック100より伸びるのなら
「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」に投資したほうがお得!

ナスダック100より、少し攻めたい人向きの投資信託ではといえますね。

「QQQN」を直接買うのも手ですが、
今の所、SBI証券や楽天証券でQQQNは買えないので、
今は「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」を買うのがおすすめです。

「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」の構成銘柄

プラズマコイ

YouTubeの投資チャンネルで

次は投資信託の構成銘柄の上位10を見てみましょう。
※順位は結構頻繁に変わります。

米国株のYouTuberさんが紹介していてプラズマコイも知っている銘柄も何件か見られます。

ナスダックに上場している企業なので、基本的には米国企業が多いですね。

名称数量ファンドの割合
ROKU:US ロク13.83 千5.59 百万4.40
CRWD:US クラウドストライク・ホールディングス23.40 千4.97 百万3.92
TTD:US ザ・トレードデスク5.32 千4.23 百万3.33
VIAC:US バイアコムCBS71.69 千3.63 百万2.86
ZS:US ゼットスケーラー17.02 千3.51 百万2.77
ETSY:US エッツィ16.01 千3.24 百万2.55
AZN:US アストラゼネカ62.06 千3.23 百万2.54
ENPH:US エンフェーズ・エナジー16.03 千3.11 百万2.45
FTNT:US フォーティネット20.60 千3.06 百万2.41
ODFL:US オールド・ドミニオン・フレイト・ライン14.88 千2.96 百万2.33
表の内容は1/30 のBloombergより

注意したいのは、この中の銘柄は多くがここ1年で数倍になっているものが多いことです。

プラズマコイ

成長力が鈍化したら、その瞬間に振り落とされる銘柄ばかりと言えそう

業績の成長が鈍化したら、株価も転落する場合があるので、
ナスダック100に比べて高リスクの投資信託であることは理解しておきましょう。

「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」の3社で買える

画面は楽天証券

2020/1/30時点では3社「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」の証券会社で購入することができます。

気になるのは「0.495%という信託報酬の高さ」

この投資信託の内情はQQQNを買えばいいだけなので
QQQNの信託報酬の0.18%と比べ、次世代50の0.495%は2.75倍で、
他で買えないという足元を見られている気がします。

そのため、暫定的にこの投資信託を買っておいて

  • SBI証券や楽天証券などがQQQNの取扱いを開始したり
  • 他のQQQN連動の投資信託が低い指数が出てきたら
  • 「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」からそちらに乗り換える

プラズマコイ

とりあえず1年はこれを買って様子を見ましょう

【まとめ】「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は、ポストGAFAM候補の企業に投資できる投資信託

プラズマコイ

QQQよりも高いパフォーマンスを狙いたい方におすすめ

この記事のまとめ

  • 「iFreeNEXT NASDAQ 次世代50」は、ポストGAFAM候補の企業に投資できる投資信託
  • 直近1年ではナスダック100ほり良いパフォーマンス
  • 主に米国の成長著しい中小企業に投資するので、値動きはある程度激しくなる可能性がある

こんな方におすすめの投資信託

プラズマコイ的「こんな方におすすめ」

  • QQQより高いパフォーマンスを狙いたい
  • ROKU(ロク)、CRWD(クラウドストライク)の個別株を買えていないが、少し持っておきたいと思っている
  • GAFAMは株価が上がりすぎていて、怖くて投資する気にならない

※投資の判断は自己責任でお願いします。

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連コンテンツです。