お金・株式投資

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、
財務優良な高配当株を探していきたいと思います。

プラズマコイ

「化学」産業で最も安定的に配当金を出し続けられそうな、良い企業はどれなのでしょうか?

表の画像は「バフェット・コード」での検索結果を使わせていただいております。

比較対象は「配当利回り」が高い7社

今回は化学産業の銘柄から、配当利回りが高い銘柄を7つピックアップしました。

今回は以下の7社を比較

  1. 三菱ケミカルHD(4188)
  2. 住友化学(4005)
  3. 旭化成(3407)
  4. 三井化学(4183)
  5. 東ソー(4042)
  6. クラレ(3405)
  7. ダイセル(4202)
プラズマコイ

もっとも財務優良で、安定配当を継続できそうな企業を探します!

配当利回り、配当性向をチェック

化学業界は、高配当株でも概ね3%〜4%くらいの配当利回りとなっています。

この中で配当性向が比較的低いのは
旭化成、東ソー、三井化学ですね。

クラレも特別損失の影響がなければ概ね40%くらいなので、検討としては残しておいて良さそうです。

プラズマコイ

住友化学、三菱ケミカルHDは配当性向が高すぎますね。

売上高(維持以上)、営業利益率(10%くらい欲しい)

今後も安定配当をしてもらうには、
売上高が最低でも維持できている事が重要です。

また、営業利益率が高い企業の方が儲かりやすいのでここも重要です。
できれば営業利益率も10%くらい欲しいところです。

プラズマコイ

東ソー、クラレ、旭化成が優秀

EPS(一株当たり当期純利益)

配当金は例えば1株20円などなので、1株あたりの利益であるEPSの数字が多いほどたくさん配当金を出しやすいです。

ちなみに1株あたりの利益であるEPSは、
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

プラズマコイ

東ソー、三井化学は100円を超えている!

自己資本率(借金は?)、フリーキャッシュフロー(現金いくら増えた?)

自己資本率は、簡単に言うと借金の有無を測る事ができます。
つまり、借金が少ないほど自己資本率は100%に近くなります。

自己資本率は基本的には高いほうが良いです。
もし稼ぐ力が衰えても、借金返済に追われないからです。
特に今回は安定配当の銘柄を探しているので、自己資本率には注目していきます。

プラズマコイ

東ソー、ダイセルが自己資本率60%と高め

フリーキャッシュフローですが、こちらは「今期に手元に増えたお金」です。
ここはマイナスになる事はあまりないですが、稼いだり、借りたりして、
自由に使えるいくらお金が増えたのか?を見る指標になります。

プラズマコイ

自由に使えるお金があれば、赤字でも倒産しづらいですね

【まとめ】結局どの銘柄を買うべきか?

この記事で色々比較してきましたが、結論として、今なら化学産業の株ではどこが一番有望でしょうか?

東ソー(4042)です。

プラズマコイ

株価が下落して配当利回りが4%くらいで少し拾うのが良いと思います。

化学産業の銘柄でなら「東ソーを買う理由」

  • 配当利回り・・・3.6%(20/12/24時点)
  • 株価・・・1500円くらい(20/12/24時点)
  • 営業利益率・・・業界内では比較的に高水準
  • EPS(一株当たり当期純利益)・・・100円を超えている
  • 配当性向・・・約30%が目安で余裕あり
  • 自己資本比率・・・60%台と増え続けている
  • フリー・キャッシュフロー・・・プラスで問題なし

※投資は自己責任でお願いします。

関連コンテンツです。

同じ化学業界、旭化成の財務分析です

【高配当】「旭化成(3407)」は安定配当が魅力の大手総合化学メーカー こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、最近高配当化した旭化成の財務状況をチェックしていきたいと...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

https://manabinomado.com/money_investment/%e3%80%90%e9%ab%98%e9%85%8d%e5%bd%93%e3%80%91%e3%80%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%978

ドコモとKDDIの財務分析です。

【配当金】NTTドコモとKDDIの財務分析【通信株は安定の業績】 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 今回はYouTub...

高配当株の代名詞、JT(日本たばこ産業)へ投資する際の注意点です。

【高配当】JT(日本たばこ産業)に投資するなら押さえておくべき3つのポイント こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 資本主義の代名詞「...