ウェルスナビ(WealthNavi)を解約(出金)した【利益確定】

お金
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
今回はWealthNavi(ウェルスナビ)を解約(出金)しましたので、総括と解約の理由を解説していきます。

【結果】利益は17,226円(利回り2.77%)でした

まずは結果です。
2017年7月4日に30万円からでスタートし、毎月1万とか2万とか積み立てて
2019年6月26日に出金しました。
最後のあたりは入金をしていなかったのでトータル62万円積み上げていました。

結果、約2年で利益は17,226円(利回り2.77%)ということで、年利の利回りで考えると残念です(笑)

最高では利回り6.26%の時もあった

この時に売っておけばと思える事が実は最も幸せな体験かもしれない

浮き沈みがありましたが、最高だとこのくらい利回りがでていましたね。
まぁ、こういった瞬間を体感できただけでも今回は良しとしましょう。

やっぱり他のブログの皆様の記事や動画で勉強していても、そこはやはり机上の空論、
自分で入金して、実際にやってみると、理想と現実を俯瞰してみられますね。

こうやって一度、手仕舞いしてみると良い区切りになって、今後に活かせます。

例えば今回振り返ってみて
・次回は利回りが6%になったら一度売ろうか?
と考えました。

というのも、過去の米国株一本での期待できる平均の年利が6、7%だと言われているなかで、
その水準以上を望まないという売買ルールを決めるというのも良いかもと思ったのです。

【解約理由】何故ウェルスナビでの運用を止めたのか

理由は2つありまして

  • 手数料が高い
  • 日欧株(VEA)がずっとマイナスなのが見ていて辛い
  • 飽きる

日本株がずっとマイナスなのは、分散投資ですから理解はできるんですけど、毎月淡々と手数料が目に見えて増えてくるのが段々我慢できなくなってきたわけです。

「飽きる」も結構大きくて、
僕は暇だから毎日ウェルスナビの画面を見ます。
そしてウェルスナビの画面はとても見やすいです。利回りの計算も直ぐできてしまいます。

しかも、売ろうと思ったら直ぐに売れてしまうのです。
更に投資歴の浅い僕は、そろそろもう一度リセットしたくなってしまい、何度めかの誘惑を乗り越えた後に、2年も経ったし、一度お仕舞いにしようか、と思うのです。

ウェルスナビはかなり良いサービスだとと思います。

こうやって振り返ってみて改めてウェルスナビの良さを垣間見ました。

ウェルスナビを取り上げた記事は数多く書かれまして、
ウェルスナビの向き不向きとして以下が挙げられています。

  • 【向く】投資初心者や、忙しいので完全にお任せしたい人
  • 【向かない】自分で設定をいじりたい人や手数料にこだわる人

特にインタフェースの見やすさは秀逸の一言で、
アプリから、いつから積立はじめたか、どのタイミングでどれだけ利益がでていたか?が瞬時にわかります。

定年後の親に勧めたい投資法ですね。

そして逆に、投資に慣れてきて、自分で設定をしたくなってきた僕は卒業の時だということかなと思います。

「お金と向き合う事は、自分と向き合う事に似たり」

お金の勉強をしていると、アーリーリタイアをするために頑張っている方を多く見かけます。

人生は自由なので良い悪いではないですが、どうも盲目になっているような気もします。

働く事は本来とても楽しい事のはずで、
僕も大企業の中の歯車として、毎日楽しかったり、コノヤロウと思ったりすることもありますが、それらを全てひっくるめて楽しいなって思ったり、
そのスリルやストレスが成長へとつながっているのを実感したりします。

アーリーリタイアを望むのは、もしかしたらイコールで、一生を楽しむための教養づくりの機会を放棄しているのかもしれないといった側面も感じた今日このごろでした。

最後に脱線しましたね(^^;)

以上です。今回もありがとうございました(^^)

コメント