【固定費削減】家賃にいくら払うのが適正?

お金
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです。
最近、固定費削減にハマっています。今回は家賃について考えてみます。

ちなみに、ここでは深くは書かないですが「持ち家VS賃貸」では僕は賃貸派です(笑)独身ということもありますし。

「収入 – 支出」をプラスにするために家賃はどのくらいが適正か?

他のサイトを見てみると、家賃(駐車場も含む)は年収の2.5割だとか、昔はその目安が3割でしたと書いてあるのを見ます。

3割がいくらか、月の手取りで具体的な数値でみてみましょう。

  • 手取り20万 x 0.3 = 6万
  • 手取り25万 x 0.3 = 7.5万
  • 手取り30万 x 0.3 = 10万
  • 手取り40万 x 0.3 = 12万

東京ならこんなくらいなのかなと思いますが、収入に比例するとまぁ高い気がしますね。

そして、重要なところは、一般的に何割が適正かではなく、自分にとっていくらの物件が適正か?です。

必要な水準にとどめておけば、その分他に回せますからね。

自分にはいくらの物件が適正か?

大前提として「収入 – 支出」をプラスにしていくことは念頭におきましょう。
ただ、まずはシンプルに考える事が重要なので、住居が自分にとってどのような価値が必要か?を考えてみます。

それによって、適正の月額家賃目安を考えてみます。
ここでは平均的な人の感覚で考えてみます。だいたいこんな感じではないでしょうか。

  • 【独身】とりあえず寝起きと食事ができればよい・・・2万〜5万
  • 【独身】広くきれいな部屋がほしい・・・5万〜10万
  • 【家庭】夫婦と子供1人でそれなりな住環境・・・7万〜12万
  • 【家庭】夫婦と子供2人でそこそこ快適な住環境・・・10万〜15万

これを超える場合はは現代では贅沢だと思うので、年収だと800万以上は欲しいところですね。

一応敢えて割合で表現するなら住宅費は手取りの20%以下にできていれば節約としては十分でしょう。
年齢が若いと難しいですが、大きめの企業であれば社員数も多いので社宅制度が使えればこの水準は達成できます。

そして住宅の水準を挙げるのは、以下の2つのどちらかが理由であればよいでしょう

  • 保守的理由:家賃が上がっても手残りが同じくらいに収入がアップした
  • 攻撃的理由:もっと成長するための投資材料にする

いずれにしろ、年間50万以上にもなる固定費なので、増減がお財布に与えるインパクトは大きいですね。

最後に他との優先順位をつけましょう。

固定費は住宅費にも色々あります。自分にとっての優先順位をつけましょう。
全部を節約すると生きてって辛くなってしまいます(^^)

例えば以下がありますが、使うところと抑えるところを自分なりにアレンジしていくのが良いです。

  • スポーツジムや英会話などの、投資的月会費
  • Netflixなど、有料メディアの、娯楽的月会費
  • 通信費(携帯)
  • 保険

まとめ

  • 家賃の適正価格は自分が住宅に求める価値から導く
  • 家賃は大きな固定費だと言うことを理解する
  • 住宅が他の固定費と比べて何番目の優先順位かを考える

以上です。今回もありがとうございました(^^)

コメント