お金・株式投資

【成長企業】「メンバーズ(2130)」は”DX人材”を派遣する会社。株価は?今は買いなのか?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回はデジタル人材の不足が顕著な今の日本社会に”DX人材”を派遣する会社
「メンバーズ」の財務分析をしていきます。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

プラズマコイ

魅力的な事業ですね。
DX人材は僕の務める企業でも不足しています。

「メンバーズ」はDX人材を企業に常駐派遣する会社

プラズマコイ

DC(社員数)も増加しており、業績も急成長中!

「メンバーズ」の事業利益は主に「デジタル人材の派遣」で生み出されています。

DX市場をみてみると、2030年のIT人材は最大79万人が不足すると言われています。
出店:経済産業省IT人材需給に関する調査(概要)

そのため”DX人材の派遣業”である「メンバーズ」の企業価値に注目されています。

DX人材が不足するなか、それを供給する「メンバーズ」は成長余地が高い

DXといってもその業務範囲、内容は多岐にわたります。
大企業にしてデジタル業務の運用をする場合もあれば、ベンチャー企業でソフトウェアの開発をするといった需要もあります。

メンバーズの事業セグメントは2つ

  1. EMC事業(6割くらい)
    主に銀行などの企業に「デジタル作業の運用」をする社員を常駐派遣。
  2. PGM事業(3割くらい)
    ベンチャー企業のデジタルプロダクト開発支援

時価総額は調査時点で「437億円」ということで中型株です。
PERは36倍と成長企業らしく少したかめです。

今回は「メンバーズ」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

チェックは「IR BANK」で行う

今回紹介されている方法は、IR BANKの「決算まとめ」から確認ができます。

※ページの下の方に「決算まとめ」のリンクがあります。

「メンバーズ」の配当利回りを見る

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

成長企業のため配当利回りは低め

「メンバーズ」の配当利回りは0%台と、低い高い水準ですね。
成長企業のため、配当金目的で買う銘柄ではないですね。

今後は株価成長の期待を持ちつつ、

  • 今後キャピタルゲインを狙ったり、
  • 今後の配当の伸びを期待できるか

チェックしていきましょう。

「メンバーズ」の売上(上昇トレンドであるか?)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

近年の加速度、期待値は高い

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「メンバーズ」の売上は、綺麗に右肩あがり。
DX銘柄で、最近の売上成長率は目覚ましいですね。

2022年の業績予想もかなり強気で株価も右肩あがりで上昇しています。
期待値が高い企業ですね。

5/11のIRで、決算賞与・賃金アップを発表しており、業績の好調さと、
社員満足度を重視している姿勢をアピールしています。

「メンバーズ」の営業利益率(10%以上は欲しい)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

営業利益は10%を超え上昇中

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「メンバーズ」の営業利益率は10%を超えています。

さらに、営業利益率が上昇中です。
効率よく利益をだせる企業に変わっていっているというところも好材料です。

「メンバーズ」のEPS(一株当たり当期純利益)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

EPSは100円に届きそう

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことです。

EPSは個人的に「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。
「メンバーズ」の2022年の予想では100円近くまであがる予定

年々EPSも増加していて、成長軌道に乗っている企業ということがわかります。

「メンバーズ」の自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

50%台でよこばい

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

「メンバーズ」の自己資本比率は50%台です。
B/Sを見ても、借入金もなく、資産の内の現金比率も高く、問題なさそうに思います。

この会社の自己資本比率は40%台になってきたら注視しはじめるくらいでよさそうです。

「メンバーズ」の配当金(高いほど良い)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

増配率が毎年20%!

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

「メンバーズ」は連続増配です。
そして増配率が高いのが特徴。

業績の好調さが配当金に反映されていることがわかりますね。

「メンバーズ」の配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

配当性向も上昇中

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※【目安】業種によるが、市場平均は30%くらい。

「メンバーズ」の配当性向は上昇中。
まだまだ25%なので低めの水準と言えます。

利益高があがっているので、配当性向をたかめても問題ないという形に見えます。

「メンバーズ」の営業活動によるキャッシュフロー

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

営業CFも増加中!

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって入金されたお金がいくらになったか?」の数字です。

基本的には毎年プラスが理想です。

「メンバーズ」の営業CFは順調に増加しています

2020年は決算期のタイミングで入金が遅れたような感じがしますね。
その分2021年の数字があがっています。

現金を稼ぐ力も順調に成長しています。

「メンバーズ」の現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

現金は積み上がっている

基本的に保有する”現金など”は多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

しかしお金は「使ってこそ意味がある」ので貯めすぎは良くありません。

「メンバーズ」の現金は増加中。
総資産の50%くらいが現金ということで、投資をしなくても事業成長ができるフェーズと言えます。

増配や社員の賃金アップの背景には、現金が積み上がっていることから”財務力の裏打ち”がありますね。

「メンバーズ」の配当金の支払い額(現金などの何パーセントか?)

メンバーズ(2130)

今の財務状況での配当金の支払い状況はどうでしょうか?

プラズマコイ

今後は2億〜3億くらいの配当総額がターゲットか

投資家としては、業績が悪化しても配当を維持して欲しいものです。

配当を維持するためには「短期的に利益が多少悪化しても配当を支払える現金」があればよいということになります。
そのため、配当金の総支払額を見ることがポイントになります。

「メンバーズ」は直近では配当金は2億くらい。
増配をしつづけてもまだまだ利益水準からみると配当額は少なく見えますね

「メンバーズ」の当期純利益は上昇中か?

メンバーズ(2130)
プラズマコイ

ちょっと頭打ち感はある

「メンバーズ」の当期純利益は上場してから増加をし続けています。
2022年はとうとう二桁の10億円突破を予定しています。

過去の推移をみても非常に成長力の強い会社であることがわかります。

【まとめ】「メンバーズ」はDX人材が不足する中、成長期待の大きい会社

プラズマコイ

そこに住宅ローンがある限り事業は安泰!

メンバーズの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り0%台
売上高(営業収益)成長中
営業利益率10%超え。
上昇中
EPS(1株利益)90円くらい
上昇中
自己資本比率50%台
1株配当増配中
配当性向25%くらい
営業キャッシュフロー上昇中
現金などキャッシュリッチ
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、業績・財務的には今の所、文句の付け所はみあたりません。

ここまでが絶好調なので、今後の成長力がどこまで続くか?がポイントになってきます。

「メンバーズ」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】上昇トレンド真っ最中

この記事の執筆時点(21/06/09)では株価は3,330円。
高値を更新中です。

DX人材が今後も不足するということと、デジタルシフトが進んでいる今は市場の期待値が非常に高い事がわかります。
高すぎて買いにくいとも言えますし、相場がよければ次の決算まで順張りで乗るのも良いかと思います。

※投資は自己責任でお願いします。

株を毎月コツコツ買っていくなら「SBIネオモバイル証券」がおすすめ

メンバーズは魅力的ですが、まとまった投資資金がない場合、1株から買える「SBIネオモバイル証券」がおすすめです。
右肩あがりを信じるなら、押し目などでちょくちょく買って行くのも良いかとおもいます。

株価が高かったり、投資資金が少ない場合、
1株から買えるのが「SBIネオモバイル証券の魅力」です。

こんな方におすすめです。

  1. 個別株で欲しい銘柄があるけど、高くて変えない。
  2. 投資資金は多くないけど、色んな株を買いたい。
  3. 取引金額が少ないし、手数料は少なくしたい。

SBIネオモバイル証券の月額費用は200円(税抜)、取引手数料は50万円までの取引は何回やっても固定なので、
株価が高くて買えない場合は、1株単位で少しずつ買って小額から始めるられるのでおすすめです(^^)

さらに毎月Tポイントが200ポイントが付与され、そのTポイントでも株が買えます。
つまり実質の維持コストは毎月20円と激安です。

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

関連コンテンツです。

キャッシュレス時代の急成長企業「GMOペイメントゲートウェイ」です。

【超成長】「GMOペイメントゲートウェイ(3769)」は業績急成長で評判の決裁代行会社。株価は?今は買いなのか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、コロナ銘柄として一世を風靡している、「GMOペイメントゲ...

IT系の企業です。こちらは業績が堅いですね。

【高配当】「JFEシステムズ(4832)」は財務優良のおすすめの高配当銘柄。投資すべきか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当株として注目の「JFEシステムズ」の財務状況をチェ...

こちらも似たような堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...

総合商社7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...

化学メーカー7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、財務優良な高配...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

https://manabinomado.com/money_investment/%e3%80%90%e9%ab%98%e9%85%8d%e5%bd%93%e3%80%91%e3%80%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%978