株式投資・金融知識

【投資格言】「卵は一つのカゴに盛るな」正しく理解してる?日本人が外国株に投資するべき理由

プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)
先日こんなTweetをしました。

投資は分散投資が大切と言われていますが実は「日本株、米国株に半分ずつ投資」というだけではどうしても日本の資産にかたよってしまいます。

つまり自分が思っているほど、分散投資が出来ていないということです。

結論としては「日本人は意識的に外国株に投資すべき」だということです。
多くの日本人は、外国株を多めにする意識することで”ちょうど良くなる”と思っています。

それでは具体的に解説していきます。

投資格言「卵は一つのカゴに盛るな」の意味とは?

プラズマコイ

投資は分散投資が鉄則です

投資格言に「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。
これは「株式、債権、不動産、コモディティ」など色んな資産に分散投資しましょう!という意味です。

なぜ分散投資が必要なのでしょうか?


投資商品には色んな種類があるってことだけど、
分散する必要なんてあるのでしょうか?

分散投資が有効な理由は「株式、不動産」と「債権、コモディティ」の価格は、
シーソーの関係にあると言われているからです。

要するにどちらかが上がればどちらかが下がるので
「全部の資産をバランス良く持っておきましょう」ってことです。


株価の暴落で資産が一気に半分以下に(ToT)…
なんてことにならないように他の資産も持っておきましょうってことですね

卵(お金)は一つのカゴ(投資商品)だけに入れないようにってことですね。

投資商品は具体的に何があるの?


投資商品を大まかに把握しましょう

投資商品は代表的には4つです。

代表的な投資商品4つ

  1. 株式…最も人気な投資商品。企業や国の成長の恩恵をうけられる
  2. 債権…国債など元本保証で銀行の金利よりは利率が良い安心安全な商品
  3. 不動産…マンション経営で毎月の収入が狙えるのが特徴
  4. コモディティ…金や石油などの資源に投資する

※通貨も価値が変わる投資商品の1つです(円高・円安って言いますよね)

株式や不動産は「資産を増やすための」攻めの投資商品
債権や通貨は「資産を減らさないための」守りの投資商品
コモディティは「どちらにも使える」ハイブリッドな投資商品です

【重要】「どの国の資産に投資する?」を意識しよう


日本人は「日本へ投資」にかたよりやすくなってしまうんです

日本人は基本的には日本の資産の保有額が高くなります。
理由は「日本円を多く持っているから」です。

あたりまえですね。
日本で生活するには日本円が基軸通貨になりますので日本円は最も重要な資産です。

生活するために必要な目先の資産として日本円は必要なものですが、
投資先としての日本はどうでしょうか?

卵は「日本、米国」に分散する ※米国のほうが増える可能性も高い


投資をするなら米国など海外の資産に目を向けましょう

私たちは日本で生活しているので日本円で収入を得て、日本円を必ず一定額保有しています。
そのため気がつくと、日本円という資産が増えていくことになります。

冒頭で紹介した投資格言の「卵は一つのカゴに盛るな」を思い出してみましょう。
今回の場合にあてはめると「卵(お金)は1つのカゴ(国)に盛るな」になります。

つまり「お金は1つの国に盛るな」になるわけです。

さらに「日本より海外(米国)のほうが投資先としても有望です」

米国が投資先として有望な理由をみていきましょう。

米ドルと円の価値の推移


お金も国を分散して持っておくと良いですね

ここ10年でみると日本円の価値が落ちているが近年は横ばい

米ドルと円の力関係はここ数年は横ばいです。
今後「米国のお金」と「日本のお金」どちらのほうが強くなるかは誰にもわかりません。

日本は経済成長が悲観的に見られていて、米国は強気に見られている意見を多くみますので、
どちらかというと今後はドル高円安になっていく可能性を考慮しておいたほうが良いでしょう。

だからこそ米ドルも持っておいたほうが良いというのがプラズマコイの考えです。
※いまは米ドルも、住信SBIネット銀行などで簡単に両替することができます

そして米ドルは米国株への投資を合わせて行うことで力を発揮します。

日本株よりも米国株のほうがお金が増える!?


いまは日本株より米国株のほうが将来有望という意見が主流ですね

5年のパフォーマンスでも日本より米国のほうが成績がよい

米国株と日本株のパフォーマンスは近年は米国株のほうがよいです。
しかし株式においても将来のことはわかりません。

2017年や2018年は日本株のほうが成績がよいときもあります。

また「日本 VS 米国」という考え方と「米国 VS 全世界」という考え方も投資家のなかではよく議題にされますね。

日本の成長はあまり期待できないと見られているなかで「米国最強の時代がいつまでつづくのか?」という視点に注目が集まっています。

プラズマコイは、どのカゴにいくら盛っているか?

プラズマコイ

日本メインだけど、米国株は米ドルで取引しています

日本株の売買が趣味化しているので日本株の保有割合が多めです

プラズマコイの資産(約1400万円)の保有割合や投資戦略としては以下の形です。
※21/10/9時点

プラズマコイはどのカゴに盛っている?

  1. 日本円…キャッシュポジション20%〜30%を目安に日本円を保有
  2. 日本株…個別株を中心に売買を行っている
  3. 米国株…主にインデックス投資信託を毎月3万円くらい積み立てている。個別株は米ドルに両替してドル建てで買っている。
  4. 全世界株…企業型DCで円建てで積み立てている
  5. 仮想通貨(BTC)…ギャンブル枠として少額で楽しんでいる(円建て)

振り返って見てみるとベースは円建ての資産が多くなっています。

あらためて、分散投資のため意識的に海外の資産を持つようにしたいと思いました。

【まとめ】分散投資のために意識的に米ドル、米国株など海外の資産をもちましょう

プラズマコイ

意識しないと日本の資産だけになっちゃいますね

多くの人は投資で日本円としての価値を増やしたいと思うので、円建てで米国株やビットコインを買うのは良いと思います。

プラズマコイも株式や仮想通貨といったペーパーアセットしか持っていないので、
初心者はまずは米国株に興味を持つようにすればよいかと思います。

この記事のまとめ

  1. 投資格言「卵は一つのカゴに盛るな」の意味は投資商品と国の分散を行う
  2. 「どの国の資産に投資する?」を意識しよう
  3. 卵は「日本、米国」に分散する ※米国のほうが増える可能性も高い
  4. プラズマコイも円建ての資産を多く保有。だって日本の鯉だもの

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ ← ポチッと応援

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

関連コンテンツです。

投資における最適な現金保有比率(キャッシュポジション)を解説しています。

【株と現金の比率】個人投資家の適正キャッシュポジションは?割合、目安、高めるタイミングも合わせて解説! プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)今回は個人投資家のキャッシュポジションはどのくらいが適正なの?という事について書い...