お金・投資

【要約】お金の大学 ー 本当の自由を手に入れるための教科書

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)
主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。

お金に対する考え方、具体的な方法をわかりやすくまとめたバイブル的な実用書が登場しました。

今回は予約段階からベストセラーになった人気のこちらの本を要約、レビューしていきます。
※一部僕の意訳も混ざります。ご承知おきください。

著者情報、この本でわかる事

まずは著者の情報を見ていきましょう。

【著者:リベラルアーツ大学 両学長】

YouTubeのチャンネル登録者数:37万人(毎日7時に動画配信)
Twitterのフォロワー:16万人
Instagramのフォロワー:10.8万人
(2020/6/23現在)

リベラルアーツ大学の両学長は人気の起業家・YouTuberです。
その優しい語り口からは想像もできないですが、圧倒的な努力量と実行力によって、豊富な知識と資産を獲得した経緯を持ちます。

特にYoutubeを見ていると
「自分がお金を稼ぐためではなく、周りを幸せにするためにやっている」
という感じが強く伝わってきますね(^^)

発売前からベストセラーになったのは、ひとえに両学長の人格が生み出した結果だと言えるでしょう。

この本では以下の事が学べます。

【この本で分かる5つのこと】

  1. 【節約】お金を「貯める力」
  2. 【仕事】お金を「稼ぐ力」
  3. 【投資】お金を「増やす力」
  4. 【防御】お金を「守る力」
  5. 【幸福】お金を「使う力」

今回はこの5つのステップの中のステップ1お金を「貯める力」の部分について要約していきます。

目的は「働かなくても生活できる状態」

この本は経済的自由(働かなくても資産収入で生活ができる状態)への方法を解説しています。

ステップは5つです。

  • 無駄な出費を抑える「貯める力」
  • 2000万円以上の資産をつくるための「稼ぐ力」
  • 稼いだお金を投資に回す「増やす力」
  • 騙されてお金を失わないように「守る力」
  • 孤独で不幸な人生を防ぐための「使う力」

経済的自由とは「セミリタイア生活」である

経済的自由の状態は「生活費 < 資産収入」の状態で、それは世間で言うセミリタイアになります。

最近ではセミリタイアのことをファイア(FIRE)とも言いますね。

【セミリタイアはリタイアではない】
完全に働かない「リアイア生活」も可能ですが、人は退屈に耐えられない生き物です。多くの人は何かしら生産的な活動をされてるようです。

「生活費 < 資産収入」への道はシンプルに言うと以下の2つを達成することになります。

  • 生活費を下げて、必要なお金を減らす
  • 資産収入を増やすことで、仕事(労働)をする必要をなくす
プラズマコイ

毎月の支出を減らす。
毎月の収入を増やす。

それはわかるけど、簡単にできたらだれも苦労しない。。。

はかせ

全てはできんかもしれん。

全部をするなんて無理…と思わずに、自分にできる部分から少しずつ実践するだけで人生が大きく変わってくるぞい。

お金を「貯める力」固定費、税金を削減する

お金を貯めるためには、支出を減らして貯蓄に回すことです。本で紹介されている人生の6大固定費は以下になります。
税金だけ少し特殊な気もするので5+1の6種類ですね。

人生の6大固定費
  1. 通信費(スマホ代)
  2. 光熱費(電気、ガス代)
  3. 保険(生命保険、がん保険、学資保険、養老保険など)
  4. 家(持ち家、家賃)
  5. 車(自動車保険も)
  6. 税金(節税)

プラズマコイ

僕の知人にも、親にすすめられてなんとなく生命保険を月に5000円払っているという方がいます。つまり年間6万円の固定費ですね。

固定費を見直す

まずは固定費から見直しましょう。
特に金額が大きいものから手をつけると良いです。

【通信費】携帯代を6500円下げる

1番はじめに削減するのがスマホの月額費です。

docomo、au、softbankのキャリアで契約しているのであれば格安SIMに乗り換えた良いでしょう。

プラズマコイの月額の携帯代は約1500円です。

仮にいまの携帯の月額が8000円だったら6500円も下がります。

具体的格安SIMの移行方法を記載します(^^)
(多くの方にとってベストだと思えるプランをご紹介します)

【格安SIM】スマホ代を毎月1480円にする方法(LINEモバイル) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 携帯料金に月に8000円払っている方、今回は格安SIMに移行して...
プラズマコイ

概ね65,000円ほど費用はかかりますが
月額6500円が下がれば、10ヶ月で回収できるので迷うくらいなら今すぐやったほうがお得。

※iPhoneは今の携帯を使い回すことも場合のよってはできますが、ハードルを下げるために、えいや!でついでに最新のiPhoneを買ってしまえ。という前提でプランを組んでいます。

【光熱費】電力会社を変更する

光熱費も電力会社を変更するだけで生活スタイルを全く変更することなく削減ができます。

2016年4月から、電力会社を今の会社から自由に乗り換えられるようになりました。
僕も実際になってみたのですが「申込はネットで5分、工事不要、業者との会話なし」でとっても簡単でした。

別記事で新電力会社「楽天でんき」の紹介をしています(^^)

【電力会社】楽天をよく使う方は「楽天でんき」に決まり! こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 2016年4月から、電力会社を今の会社から自由に乗り換えられるよ...

【保険】生命保険は必要な最低限だけに見直す

プラズマコイ

な事が起こっても、生活をつ。
これが「保険」

生命保険が月額5,000円より多い人は見直し対象

生命保険は支出の大物です!

生命保険だけでも1世帯あたり年間平均38.2万円※
30年で約1,200万円もの支出となります。

「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

【保険が必要なとき】

  • 低確率で起こるが、起こったら「お金に対する大損害」が発生する場合

つまり交通事故など、数億円の規模になる場合は必要と言えます。

別記事で詳細に解説しています。

【生命保険】どのくらい支払ってる?多くの人が無駄に払っている保険について こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) プラズマコイ 保険に、なんとなくで入ってる人は毎月無駄な支出をし...

家は持ち家、賃貸どっちがお得?リセールバリューで考える

住居費について持ち家、賃貸はどっちがお得かというお話です。

家はお金の損得ではなく、満足度で選ぶ事がお多いかなと思いますが、
一旦そういった感情は切り離してお金の損得から考えてみましょう。

【結論】賃貸、持ち家はどっちがお得?
  • リセールバリューの高い家を買えるならマイホームの方がお得(売却を見越した家選び)
  • リセールバリューの高い家を買えないなら賃貸物件の方がお得

お金持ちの合言葉に「リセールバリュー」で買い物を考えるというものがあります。

リセールバリューとは「売るときの価格」の事です。

【リセールバリューとは「売るときの価格」】
持ち家の方がお得になるのは、立地など、家を「投資物件としての資産価値」として評価したときの価格になります。

不動産投資家としての目利きができるなら持ち家がお得

リセールバリューが高い家を買うことができれば、以下のように選択肢が広がります。

  • そのまま済み続けても良いし
  • 他の済みたい人に賃貸として貸して、自分は他の所に住んでも良いし
  • 高く売れるので、売却してもよい

リセールバリューが高い家ってどこのことでしょうか?
シンプルに「人気の土地」に建っている家ということになります。

もっと言うと、建物自体の価値はどんどん減っていくので「土地」の価値が大切なのです。

リセールバリューの高い人気の土地はどんな所?

例としては以下の要素が上げられます。

  • 都心など、人気のエリア
  • 駅が近いなど、交通の便がある所
  • 学校が近い、病院が近い、コンビニやスーパーが近くに多いなど、生活に便利な所
  • 人口増加が今後見込まれる地域

【多くの人はこちら】不動産の目利きが出来ない人は賃貸がお得

逆にリセールバリューが高い家を買えないのであれば「家の資産価値としては」賃貸の方がお得ということになります。

※何度も言いますが、資産価値としてなので、満足度を優先して持ち家を買うという判断はOKです。

【家賃が10万なら、持ち家のローンで8万という落とし穴】

よく、家賃を払うのが勿体ないからマイホームのローンを払うという意見を聞きますが、マイホームは購入価格以外にも多くのお金がかかります。

  • ローンの金利(金利が0.5%でも数百万円を余分に払う)
  • 火災保険(年間1万〜5万くらい)
  • 固定資産税(毎年10万〜20万くらい)
  • 修繕費(老朽化の修繕に約500万かかると言われている)

上記の例の返済額でいくと35年後の支払い額は賃貸のほうが安くなります。

  • マイホームの場合:毎月の返済額は1年目も35年目も同じ8万円です。35年経って老朽化した建物でも変わりません
  • 賃貸の場合:35年後は資産価値が下がっているので家賃も下がります(交渉すれば下げられる)
    また何なら築浅の家賃8万〜10万の賃貸物件に引っ越すこともできます。

このようにマイホームを買う時は「経済的な価値」をまず把握してから、「感情面での価値」を天秤にかけて選ぶ事が大切です。

車(車は買わない、買うなら中古を買う)

都会ならまだしも、田舎では車は必須だとよく言われます。
そこでまず「実際に生涯で車に使うお金」を見てみましょう。

車を所有すると生涯で4,000万円の費用が発生!

車は新車だと100万円以上、高級車では1000万円以上します。
しかし、そういった車両代以外にも車には多くの費用が発生するので、生涯総額で、約4000万円くらいの支払いとなってしまうのです。

プラズマコイ

結論:4000万円→2000万円くらいにする所を意識しましょう。

20歳〜70歳の50年間で試算
  • 車両代金:1,750万円(7年に1回、250万円で車を購入)
  • ガソリン代:520万円
  • 保険代(自動車保険、車両保険):490万円
  • 駐車代金:720万円
  • 自動車税、自動車重量税(車検時):470万円
  • その他消耗品費

合計4,000万円となります。
毎月にすると約6万6,000円くらい。
一切車を持たなければ、それだけで老後は安泰なレベルの金額です。

経済的な自由を手に入れるためには、車は大きな障害になってしまうということですね。
可能であれば車を持たず、以下の移動スタイルも検討しても良いでしょう。

  • 公共交通機関を使う
  • レンタカー、カーシェアを都度使う
  • タクシーを都度使う
  • 家族で車をシェアする

タクシーは都度なので高くなるかもしれませんが、月に6万円も使わないですよね。
そういう意味では、車を持つよりも支出を抑えられます。

それでも車が欲しいなら「中古で一括」で買う

車を持たないほうがお金が貯まるのは事実ですが、
人生の満足度のために車が必要、という人は「中古で一括で買う」事を検討してみてください。

その理由はリセールバリューの観点から中古で買うのが最もお得だからです。

【リセールバリューで考える】
新車で車を買った時、3年後、5年後の価値の事です。
人気の車なら、数年経ってもその価値は落ちにくいです。

ここで重要なのは、平均すると新車で買った車は3年後に価値が半分になるのです。

このように、新車は買った瞬間に、資産的には損をしている状態になりますので、3年落ち、5年落ちの中古車を買うのが良いということです。

プラズマコイ

リセールバリューは、3年落ちなどの時間の経過以外でも、人気や後継モデルの登場など様々な条件できまります。

複雑なので、とりあえず「新車で買うくらいなら3年落ちのを買う」と言うのを覚えておきましょう。

自動車保険の車両保険は不要!

車の保険は、ディーラーさんに言われた通りのものに入ってないでしょうか?
多くの場合、は対面販売のより、ネット保険の方が同じ保障でも安いので、定期的に見直す事をおすすめします。

※ちなみに僕は、見直しの結果、楽天の自動車保険を契約しています。

それでは自動車保険の注意点について解説していきます。

自動車保険の契約条件について
  • 運転者限定条件
    本人のみ、配偶者、家族まで、限定なしなどの条件で費用がかわります。
  • 年齢条件
    自分、配偶者、家族などの親族に適用されます。
    知人、友人をOKにしている場合は何歳でもOKです
自動車保険の契約内容について
  • 自賠責保険
    これは強制保険なので見直し不可能です。
    事故時の被害者への保障は以下の通りです。
    ・死亡時3,000万円まで
    ・傷害による損害は120万円まで
  • 任意保険
    任意保険は文字通り、車の所有者が者が任意で入る保険です。
    ・対人対物保険…相手を死亡させた時、物に損害を与えた時
    ・車両保険…自分の車が事故で壊れた時に保険から修理費が出せる。

ここでポイントなのは
任意保険の「対人対物保険」は無制限で入る
車両保険は入らないということです

任意保険の「対人対物保険」「車両保険」の必要性について

任意保険の「対人対物保険」が必要な理由は、
賠償額が億単位になりえるからです。

もし車の事故で相手を死亡させてしまった場合、その人が今後稼ぐであろう金額などを入れると、自賠責保険でまかなえる3000万円以上の賠償責任が発生します。

保険に入ってないと、億単位の借金を背負ってしまい、人生が困窮してしまうために「対人対物保険」は金額無制限で入っておく必要があります。

「車両保険」が不要な理由は、以下の通りになります。

車両保険が不要な理由
  • 車両保険をつけるだけで、年間約3万5,000円の差が出る
  • 保険には「等級」という制度がある。
  • 保険を使うと「等級が下がる」ので、保険料が3年間増加する。
  • つまり、5万円くらいの修理代なら保険を使わずに自分で払った方がトータルでお得になる。

また、新車で300万円で買った車でも、3年後には価値が下がっているので、3年後に全損事故を起こした場合でも、新車を変える程には保険金が下りないんです。

プラズマコイ

でも万が一、3年後に全損事故を起こしてしまったら車両保険が無いとランクダウンするにしても車買えないじゃん。。。
修理費用も貯金がないと払えないし。。

はかせ

そうなんじゃ、修理費が払えない人が無理して車を持つから車両保険が必要なんじゃな。
修理費を払えるくらいお金貯めてから買うのが本来の買い方じゃ。

車は車両保険に入らなくて済むような状況になってから購入をするようにしましょう。

この他にも、お金に関する様々な知識がいっぱいの本です