読書

【要約】嫌なことから全部抜け出せる凡人くんの人生革命  著者:ヒトデ

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、ヒトデさんの著書「嫌なことから全部抜け出せる凡人くんの人生革命」を読んだので要約をしていきます。
また、そこから感じたプラズマコイの意見も合わせて記載していきますので、興味を持った方は是非本書を手にとってみると良いでしょう。

プラズマコイ

人生を変えたのは「趣味」
趣味から始めるFIREの

この本は人生に小さな革命を起こすものです。あなたの小さな革命のきっかけになればと思います。

▼ 興味を持ったら是非、実際に手にとってみてください ▼

まずは小さな「時間」革命から

時間の革命を行い、人生の主導権を握る

  1. 早起きで「人生の主導権」をにぎる事が重要
  2. 時間の主導権を握る → 人生の主導権を握ること
  3. 人生の主導権を握る → 人生が豊かに楽しくなる
  4. 時間の主導権には「生産性の向上の効果」もある

出社時間に合わせて寝たり起きたりしていませんか?

プラズマコイ

会社に間に合うように起きている時点でダメなのです。

皆さんは、会社の出社時間に合わせて起きていないでしょうか?
それは「会社に人生の主導権」を握られていることになります。

1日のスタートを会社で働く事をベースにすると、人生の主導権は会社に握られてしますのです。

休日も同様です。何かの予定に合わせて起きるというのは一般的ですが、
それは自分で決めていないことであれば「人生の主導権は自分にありません」

朝活をするが良い本当の理由は「人生の主導権を握れる事」

プラズマコイ

大切なのは、自分でやりたいことのために生きる事

起床時間を朝活のためにしてみたらどうでしょう?
朝起きる時間は「自分のやりたい朝活のため」に決める事になります。

それは何でもよいのです。例えば以下などがあるでしょう

  1. 本を読みたい
  2. ゲームをしたい
  3. YouTubeをみたい
  4. 勉強をしたい
  5. ブログを書きたい

そうすれば、自分のやりたいことのために起きるため、人生の主導権は自分で握ることにつながります。

時間の主導権を握ることが生産性を上げる

プラズマコイ

攻めのターンは必要。そしてそれは朝がおすすめ

人は1つの事をしていると集中力があがります。
しかし、集中して仕事をしているときに、電話やメールの通知音がしたらどうでしょう?

気になって見たりしていませんか?
それは、その時間の主導権を握れていないということです。

今はスマホでいつでも誰とでも繋がれるというメリットがある代わりに、
いつでも誰とでも繋がっていなければならないというデメリットもあるのです。

ついつい、通知を見てしまう人は、他人に割り込みをされないように、通知をオフにするなども良いでしょう。
時には通知を無視をすることも必要でしょう。

副業で革命を起こす

プラズマコイ

なんでも一度やってみることが大切

先ほどの「時間革命」で人生の主導権を握るのが大前提ですが、
著者のヒトデさんの特徴は「ブログでの月収が100万円をゆうに超えている」ところです。

人生革命には「時間革命」の他に「収入革命」も大切とです。
やはり生活にはお金が必要で、多くの人は「お金のために働いている」と言えるでしょう。

しかし、どんな副業をやったら良いのでしょうか?
それは「続けられそうな事」です。

だからこそ、色々手をだいてみて、続けられそうなものを見つける事が大切なのです。

【副業選びのポイント】

  • 色々やってみる(ブログ、YouTube、せどり、プログラミングなど)
  • その中で自分が続けられるものを辞めずに続ける

ブログを6年書き続けたら起こった7つのこと

ヒトデさんは副業でブログをはじめて、毎日3時間以上を費やした「努力の人」で有名です。

その努力の結果起こったことが7つ紹介されています。

ヒトデさんがブログを6年書き続けたら起こった7つのこと

  1. 会社を退職
  2. 専門知識や実践的な能力の獲得
  3. 法人化することで世間が「社長」と認めてくれた
  4. SNSにおける影響力の増加
  5. 各分野の第一線で活躍する方とつながれた
  6. 心から尊敬する人、気の合う友達がたくさんできた
  7. 彼女ができて結婚した
プラズマコイ

OK!ブログをすれば、人生がに革命が起きるってことですね

ブログ以外でも何かに没頭して継続的に努力をできれば・・・つまり未来は明るいと思わせてくれる7つのメリットですね。

しかし、実はこれらの結果よりも、そこにたどり着くまでの過程に価値があるのかな?と思ったりもします。

ストック型の仕事は月1万円を超えると楽になる

世の中には、フロー型とストック型の労働があります。

仕事の種類には2つがある

  1. フロー型・・・一時的な収入になる
  2. ストック型・・・1度行うと、その後、継続的に収入を有無

フロー型の仕事には会社員、アルバイトがそれにあたります。
毎日手を動かして働かないと報酬がもらえませんよね。

ストック型の収入は、ブログ、YouTube、株式投資、不動産投資などがあります。
一度生み出してしまえば、その後は労働をしなくても継続的に収入を生み出してくれる種類です。

ストック型は初期での挫折率が高いが、1万円を超えると楽になる

プラズマコイ

月間1万円の壁を突破するまでが勝負

ストック型の業務は1ヶ月、2ヶ月と続けていてもそれで稼げるかはわかりません。
そのため、確実に収入の見込める、会社員やアルバイトに落ち着いてしまいますね。

しかし、ストック型の収入は、月間1万円を超えると、あとはどんどん楽になってきます。
ゼロから1万円はものすごく大変ですが、1万円から2万円にするのは比較的簡単なのです。

そして、ストック型は収入が青天井なのがメリットです。
そのため、会社員で安定収入を得ながら、副業としてストック型の事業を始めるのがおすすめされるのです。

会社を辞めることにこだわる必要はない

多くの人が、仕事はしたくない、会社を辞めたい・・・って思うことがあると思います。

プラズマコイ

でも転職も簡単じゃないし、
頑張って仕事しないと左遷されるし・・・

最近ではFIREという言葉が流行っています。
つまりアーリーリタイアですね。

その中ではいろいろな方法があります。例えば以下でしょうか

  1. 「資産収入で月間10万円+仕事で10万円」を稼いで20万円にする。
  2. 資産収入のみで月間20万円を稼ぐ

しかし、多くのリタイアした人は、時間を持て余すので結局何かを始めるのです。
特に若くしてリタイアしたアーリーリタイア組は、結局何か仕事をしています。

つまり、みんな楽しく仕事をしたいだけ

今は時代の流れから「自分もはやくフリーランスにならなければ・・・」「副業をしなければ・・・」という圧力があるように感じる人もいるかもしれません。

しかし、楽しく働ける会社であればいかがでしょうか?
いろいろな保証も充実している会社員も”自分に合う会社なら”悪くないと思います。

選択肢が「今の会社にしがみつく」だけだと毎日がつらくなってしまうので、以下方法を模索していくのがよいですね。

  1. フリーランスになれるくらい副業を伸ばすよう努力する
  2. 今の会社でもなるべく楽しくできるように行動する
  3. 他の”合う会社”に転職を検討する

【何で会社がいやなの?】日本企業のイケてない所

プラズマコイ

大企業だと顕著な特徴がある

そもそも、なんで会社が嫌なのでしょうか?
本書の内容と、プラズマコイの経験をもとに、いくつか事例をあげていきたいと思います。

大元の問題は、今の会社のルールは「工場勤務の単純労働」をベースに設計されている所です。
そしてその上で、近年はオフィスワークが増えてきて民主主義の考え方である「合議制(会議で決める)」が入ってきている事で成り立っています。

実は非常に理にかなった制度なのですが、
今は終身雇用の制度が崩壊している中、世の中の全員の最適解になるわけではないんですね。

企業は、人を不幸にする制度がたくさんある

  1. 年功序列
  2. 給料があがらない
  3. 会議がとにかく多い
  4. 残業という概念

会議や残業というのは、今の会社、社会においてなかなか自分の意志で無しにはできません。
会議や残業というものは、会社が、その組織をを維持するのに一定数必要な「コスト」だからですね。

ビジネス成功者に共通する考え方

プラズマコイ

お金持ちには特徴がある

事業で成功する人には、共通点があります。
この本にも書かれていますし、他の本でもお金持ちや事業で成功する人には共通点があります。

成功者に共通する考え方

  1. 行動が早い
  2. 謙虚
  3. 価格よりも価値を見る
  4. 時間を買うことにお金を使う

逆に言うと、事業的に成功しない、出来ない人はこの4つの特徴があることになりますね。

成功しない、出来ない人に共通する考え方

  1. 行動が遅い
  2. 傲慢
  3. 価格でモノを選ぶ
  4. 時間を使ってお金を使わない

この中の多くの項目は、分かっているけど出来ていない事かと思います。

さて、成功者に向かって成功者マインドを目指して行きていくか、
成功しない人マインドを目指して行きていくか、どちらを選ぶのも自分自身の選択ですね。

情報の「発信者」に回る事が重要

プラズマコイ

情報の発信者になることで「友達」が増える

本書でヒトデさんは「情報の発信者になることが必須」だと書いています。

情報発信をすることには4つのメリットがある

  1. 自分の考えに共感する人たちが集まる
  2. より自分に情報が集まるようになる
  3. 仕事につながることがある
  4. 「受け取る側」から抜け出せる

人は「GIVE」をして感謝をされます。たくさん「GIVE」をする人にはやがて、あんな情報やこんな情報が集まってくるようになります。

それもすべて「自分が発信者になること」がはじまりなのです。

自分の意見を発信することは、怖いことかもしれませんがそれでも「有意義な人生を過ごす」ために「情報発信をして小さなGIVE」をすることはとても意義深いことだと思います。

【まとめ】人生に小さな革命を起こして1歩だけ人生をよくしよう

この記事のまとめ

  1. 自分の人生を生きるために、早起きをするため「夜に早く寝る」
  2. 成功者になるための考え方を知り「どうなりたいかを考える」
  3. ブログ、Twitterなど情報発信を行い「友達を作る」

▼ 興味を持ったら是非、実際に手にとってみてください ▼

関連コンテンツです。

ギブの行動を続けていくことは人生を豊かにするためには必須ですね

【要約】GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代。ギブアンドテイクの本当の意味とは? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) まず本書の結論としては「とにかく人に与える事を意識しましょう」で...