お金・投資

【体験談】大きく相場が動いた時にこそ、どの株を持つかを考える【投資家としての成長】

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)
2020年11月10日にビッグニュースがありました。

新型コロナウイルスのワクチンで「90%以上の有効性が認められた」
※米製薬会社のファイザーの臨床試験にて。

その結果、米国株や日本株は強い上昇をしました。
理由は、↓のような想いが「世界経済に好影響」を示したからです。

プラズマコイ

ワクチンで予防できれば、
もうマスクなんてしなくても良い!

いつだって外出してご飯を食べられるし
思いっきりパーティーもできるぜ!

そんな世界的にはハッピーな出来事も、一部の株式投資家としては「巣篭もり消費に強いサービスの企業の株価が下がる」ため、涙を流している人もいるわけです。

世界経済に朗報!大企業の株価は概ね上昇

アメリカのNYダウは、一気にあがりました。

株価は世の中の期待で動きます。
ワクチンが生まれれば、その結果「飛行機にも乗れるし、飲食店にもいけるし、遊園地にも行ける」など、今までの生活が戻ってきます。

そのため、今まで株価が下がっていた企業の株価が戻ってきているのです。
そして「今までの生活を支えていた企業は大企業」が多いので大手企業の株価が回復をしています。

プラズマコイ

突然のワクチン開発というニュースに反応してしまう人々

ただしワクチンの試験はまだ続いていて、行政機関の認可がされなければ、また株価は変動するでしょう。

「普通はワクチンの開発には10年かかる」と言われていますが、
今回は緊急事態ということで2年でで開発できる見込みとなっており、安全性の有効性など、まだまだ注目が必要です。

巣ごもり系の成長株には打撃!

出前館を損切りしました。。
プラズマコイ

コロナ関連の企業の銘柄が軒並み下落!

ワクチン開発のニュースを受け、米国ではNetflix、Amazon、Google、Apple、Microsoftを始めとした、ハイテクの銘柄の株価が下がっています。

日本企業でも「巣ごもり消費企業の株」が売られています。
ZOZOタウンとか、出前館などといった、在宅で使えるサービスですね。

「ハイテク企業 → 既存の企業」に投資資金が移行中

ワクチン開発の見通しができると、投資家の目は、ワクチン開発されて、コロナウイルスの心配が無くなった世界に向けて動きます。

つまり投資家はこう思うのです。

投資家プラズマコイ

飛行機とか、遊園地とか、鉄道とか、ホテルとか
今はコロナ時代が前提の株価になっている

経済が戻るなら「安い」→「買う」

世の中のお金は、今日明日で一気には増えませんから
「ハイテク株を売って既存企業の株を買う」わけです。

株のポートフォリオを見直す良い機会

今回のプラズマコイは、それほど大きな損失はありませんでしたが、
1つ大きな学びがありました。

理由は「株式の配分をどうするかを決める事」です。

株式投資家の中では、日本、米国のグロース株(新興企業のハイテク株)に多くを投資している人もいます。

米国の企業だとZoom(web会議のツール)、Peloton(自宅フィットネス業界のNetflix)など、
巣ごもり消費系の「次世代の覇者候補」に集中投資していた人は「大きな痛手」を被っています。

投資家プラズマコイ

僕も、ちょうどグロース株に配分を移行し始めた矢先でしたが
ちょうどダメなタイミングでした^^;

個別株をやるなら、今こそポートフォリオの見直しが必要

初心者や投資にあまり興味がない人なら、インデックスファンドに投資をしてれば良いですが、
個別株をやりたい人にとっては「今後どこに資金を配分するか」の配分を見直す潮目が来ています。

僕としては、日本株と米国株を主に対象としていますので、例えば以下のように配分を調整していこうと思います。

ポートフォリオの配分を変更予定(随時調整)

  • 日本の大型株・・・40% → 45%
  • 日本の成長株・・・10% → 5%
  • 米国の大型株・・・30% → 35%
  • 米国の成長株・・・20% → 25%

時代に合わせて徐々に配分を調整するのは、個別株投資の醍醐味でもありますね。

【まとめ】自分の頭で考えて、ポートフォリオを見直す

今後、世界経済が変化してくる度合いが強くなってきました。
いろんなYouTuberやニュースを見ながら「最終的には自分の頭で考えて」長く株式投資を続けられるよう「リスク管理をしましょう」

この記事のまとめ

  • 世界経済に朗報!大企業の株価は概ね上昇
  • 巣ごもり系の成長株には打撃!
  • 「ハイテク企業 → 既存の企業」に投資資金が移行中
  • 株のポートフォリオを見直す良い機会

関連コンテンツです。

長期投資であれば、毎月1万円、2万円と積み立てておくと、相場の状況に一喜一憂することはないですね。

投資信託 eMAXIS Slim(イーマクシススリム)
【最強の投資信託】人気のeMAXIS Slim(イーマクシススリム)について詳しく解説 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今日は「とことんコストを追求する投資信託、eMAXIS Slim...

ワクチン開発の報道を受け、銀行系の株、リース系の企業の株は株価が回復してきました。

【高配当】「三井住友ファイナンシャルグループ(8316) 」は魅力的な高配当の銀行株の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、三井住友ファイナンシャルグループ...
【高配当】「三菱UFJ銀行(8306) 」は魅力的な高配当の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、三菱UFJフィナンシャル・グルー...
【高配当】「オリックス(8591) 」は魅力的な高配当の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、オリックスの財務状況をチェックし...