貧乏人とは負債を買いたい人たちの事

お金
スポンサーリンク

こんにちは、プラズマコイです(^^)

最近「投資なんて全く考えられない」という人たちの話を聞いていて、どういう事を日々考えているのかに触れながら、

お金の知識系Youtuberがこれだけいる中、日本人の金融教育はまだまだな理由を感じたので、それについて書いていきます。

「お金持ちは資産を買う、貧乏人は負債を買う」の意味

よく「お金持ちは資産を買う、貧乏人は負債を買う」って言います。

みんな資産を買う目を養いましょうねという事がメッセージなわけです。

僕もそんな中の一人で、収入はあんまり上げる努力はしてないですが、固定費を下げ、投資をして配当金収入くらいは増やしていっている中、
投資はもちろん、ふるさと納税もやってない人が周りに多いことに気が付きました。

貧乏人は資産を買いたくなくて、負債を買いたい人たちの事とその結果なのだということを。

貧乏人は浪費や負債を買いたい人たちの事

僕が見ているブログやら動画は、お金を増やすアドバイスをしてくれるのが多いのですが(怪しい投資系のはNG)

そういうメディアを見る人は、お金を沢山持ちたい人なんですよね。

一般的に多くの人が「お金がほしい」と言うんですけど、実はほとんどの人にはお金より欲しいものがあります。

お金よりも、自分の欲求を満たしたいのです。今の欲求を。

その考えに至った理由としては、僕がお金が欲しいならと、
・格安SIMや保険の解約で固定費を下げる
・食事・運動で健康な体を作って病院に行かずに済む
・お金が稼げるような仕事につけるようにする
これらを折を見て話してみても、どうもやりたがらないんです。

ここまでは本人に確認したところ、確かに(^^)となりましあ。

そして、今の欲求を満たしたいという思いが強い人はその結果、資産を買いたくないんです。

資産とは、未来に向けて作るものだから、
今の欲求を満たすものを買えなくなるからです。

つまり今楽しむこと意外の事は後回しになります。

そうすると、未来の自分には幸運にすがるしかないので、それ自体がもうギャンブルですね。
でもそういう生き方もありかなとも思います(^^;;

人間は楽をしたい生き物という側面を感じますね。

ちなみに、これがエスカレートすると、自己中心的なあなたの出来上がりです。
周りからどれだけあなたは変って言われても受け入れられないジコチューの出来上がりです。

そうすると、浪費や負債を買うことになります。
例えば以下とかが浪費癖や負債を買う人の特徴ですね。

  • 浪費・・・明日死ぬかもしれないと言って毎日騒いで楽しむ
  • 負債・・・偏食で栄養がとれず体調不良。言動からこいつヤバイやつと敬遠される。

これも一つの生き方だとは思いますが、資本主義のこの世の中では極端な浪費癖や、負債購入思考はなかなか評価されづらいのも事実ですね。

コメント