株式投資・金融知識

【1月振り返り】2022年1月の株式・FX・金・仮想通貨相場を振り返る【投資成績】

プラズマコイです(^^)
SNS: PostPrim

今回は「2022年1月の相場振り返り」をしていきたいと思います。

1月は株式市場全体が低調でした。
コイもマザーズ銘柄の逆張りを中心に負けています??

プラズマコイ

1月は厳しい相場でした。マザーズの下落が厳しかったですね

米国市場・金融市場を振り返る

プラズマコイは主に日本株に比重を置いて投資をしています。
その日本株に影響があるのが、世界の金融相場です。

また日本株の大型株は海外投資家により積極的に売買されているので金融相場の全体からチェックしていきます。

NYダウ30種

1月は-3.32%でした

【NYダウ30種とは】
アメリカを代表する大企業30社から構成される株価指標。

ダウは1月は-3.32%でした。
そこそこ大きな下げでしたが米国主要3指数のなかでは下落率は低かったですね。

S&P500 指数

1月は-5.26%でした

S&P500は米国の代表的な株価指数。
米国の代表的企業の約500社から構成される。
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社によって算出される。

S&P500は1月は-5.26%と大きな下落でした。
2022年は米国で金利があがるため、金利上昇を嫌気して株価がさがっています。

NASDAQ100指数

1月は-8.52%でした

NASDAQ100は、米国NASDAQ市場に上場する企業のうち、
金融業を除く時価総額上位100社で計算される指数。
新興企業の人気指数として利用される。

米国主要3指数で最も下落をしたのがNASDAQですね。
金利上昇局面には高PERの成長株にとっては大ダメージ。

大きな調整局面でした。

成長株が多く所属しているNASDAQは金利上昇局面の序盤は弱いですね。

ドル円(FX)

円安が進みました

ドル円は1アメリカドルと日本円の交換レート。
需要と供給のバランスによってレートが変動する。

米国の金利が上昇する局面では「ドル買い」がされやすいです。
そうなると、暴落時など日本円に逃げていた資金がドルに移行しますね。

また単純に米国という「国自体」が日本よりも強いというトレンドのため、
今後も円安が少しずつ進んでいくと見られています。

金(コモディティ)

金は1.84%でした。

金は古くからある金融資産。
インフレや不況時に強い資産として守りの資産として人気。

金は-1.84%でした。米国の金利が上る見通しのため金の価値には下落圧力がかかる一方、
世界経済にはインフレが加速しており、金価格の上昇圧力につながっています。

ビットコイン(仮想通貨・暗号資産)

ビットコインは-16.7%でした

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の始祖になるコイン。
主に投機目的の使用や金融資産として使われている。

ビットコインは1月も-16.7%と12月に引き続き大きなマイナスでした。
ボラティリティが高い資産で、NASDAQの大きな下落がトリガーになって価格をさげています。

1月の米国・金融相場のまとめ

  1. 米国株は下落局面
  2. 金やビットコインなどの資産も下落している

日本市場を振り返る

1月の世界の株式相場は概ね下落をしました。
日本の株式市場も大ダメージを受けていますね。

日経平均株価

日経平均は-6.22%でした

日経平均株価は日本の東証1部に上場している225銘柄を対象に
その株価を使って算出する株価指数

1月の日経平均は-6.22%と大きな下げでした。
かなり売り込まれた月でしたね。

株式市場自体が冷え込んだ月で、日本株にも影響が見られます。
日経平均のPERは13倍程度と少し割安水準です。

TOPIX指数

日経平均は-4.84%でした

TOPIX指数は日本の東証1部に上場している全銘柄を対象に
時価総額の増減を比較する指数。

TOPIXは-4.84%でした。
日経平均よりは銘柄も分散されており、マイナス幅はマイルドになっています。

マザーズ指数

マザーズはなんと-23.26%

マザーズ指数は日本のマザーズ市場に上場している全銘柄を対象に
時価総額の増減を比較する指数。

マザーズの1月はなんと-23.26%の下落。
かなりきつい下げでしたね。

これだけ下げると少なくとも一時的にはリバってきそうです。

JASDAQ指数

JASDAQは-9.25%

JASDAQ指数は日本のJASDAQ市場に上場している全銘柄を対象に
時価総額の増減を比較する指数。

JASDAQは-9.25%でした。
マザーズほどではないにしろ大きな下げでしたね。

プラズマコイの1月の損益は悲しみの結果に

プラズマコイ

マイナス12万円でした

プラズマコイの1月の確定損益はマイナス12万円ほどでした。
マザーズ銘柄を逆張りトレードしましたが見事に敗北です!

2022年1月のまとめ・学び

  • FRBの利上げ観測が明確に示されていない中、投資家の不安感によりグロース株が売られた
  • NASDAQを起因として世界的に株安、金融資産安につながった
  • 特に日本のマザーズはバリュー株が存在しないため大きく売られた
  • 金利上昇の見通しが不明なときにマザーズに手を出すべきではない

※投資は自己責任でお願いします。

関連コンテンツです。

割安高成長の銘柄をピックアップしました。

【2022年はバリュー株の時代】割安で高成長の日本株32選【テンバガー候補の注目10銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

高齢化社会に向けた注目銘柄です。

4/20更新【高齢化社会】看護・介護・通院関連の企業株おすすめ13選!いま投資すべき会社を探す! プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は高齢化社会に伸びそうなの銘柄をいくつかピックアップして、業績が...

物流関連の銘柄をピックアップしました。

【22年8月更新】物流銘柄19選!注目の物流関連の銘柄をピックアップ プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim ※2021年8月14日に公開した記事を2022年8月21日版に更新し...