成長企業の株

【超成長】「ミズホメディー(4595)」は業績急成長で評判の製薬会社。株価は?今は買いなのか?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、コロナ銘柄として一世を風靡している、
「ミズホメディー」の財務状況をチェックしていきたいと思います。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

「ミズホメディー」は主に医療系ウィルス検査薬を提供している、検査薬の製造販売の企業

2020年12月期 決算補足説明資料 より

「ミズホメディー」の事業は主に「検査薬の製造販売」を行っています。

従来はインフルエンザの検査薬が大半を占めていましたが、近年はインフルエンザが流行しておらず、新型コロナウィルスの流行により、売上構成比がかなり変わってきています。

プラズマコイ

コロナ銘柄として最近評判の銘柄ですね

本題からはそれますが、新型コロナウィルスが出てきたのとインフルエンザが流行しなくなったのには何か影響があるのでしょうかね。

ミズホメディーの主な事業、収入源

  1. コロナウィルス検査薬
  2. インフルエンザ検査薬
  3. その他の検査薬(遺伝子解析装置も含む)
  4. 妊娠検査薬

時価総額は調査時点で「331億円」ということで小型株ですね。

今回は「ミズホメディー」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

チェックは「IR BANK」で行う

今回紹介されている方法は、IR BANKの「決算まとめ」から確認ができます。

※ページの下の方に「決算まとめ」のリンクがあります。

まずは配当利回りを見る

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

それほど利回りは高くないですね

「ミズホメディー」の配当利回りは0%〜1%台です

製薬会社で、検査薬の売上にともない、業績・株価の変動が激しい銘柄なため配当利回りも安定しまいせんね。

今後は株価成長の期待値が大きい銘柄かと思いますが、

  • 今後キャピタルゲインを狙ったり、
  • 今後の配当利回りの伸びを期待できるか

チェックしていきましょう。

売上(上昇トレンドであるか?)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

業績の急成長で株価が上昇

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「ミズホメディー」の売上は2020年はインフルエンザ検査薬の落ち込みで売上が減少しましたが、
2021年は新型コロナウィルスの検査薬の売上拡大で増収増益が見込まれています。

当面の業績のポイントは2つになるかと思っています。

  1. インフルエンザ検査薬の売上状況
  2. 新型コロナウィルスの売上状況

その他も、スマートジーン機器設置を拡大していく見込みなど、
業績が拡大できる要因は多数ありますね。

営業利益率(10%以上は欲しい)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

20%を超えると予想

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「ミズホメディー」の営業利益率は10%〜20%が目安。

アップダウンの激しい営業利益率なので、毎年その業績で一喜一憂を株主に与えてくれそうです。
検査薬の需給によって激しく左右されますね。

しかし概ね10%を超えているので、簡単に赤字にはならなさそうという部分は、好材料として覚えておきましょう。

EPS(一株当たり当期純利益)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

アップダウンが激しい

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことですね。

EPSは個人的に「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。

「ミズホメディー」のEPSは営業利益率と連動していますね。
こちらも、検査薬が売れれば高く跳ねますね

2021年12月期のEPSは遂に150円を超えており過去最高の業績を達成いていることは素晴らしい事です。

世界の経済は、様々な要因でかわりますので、いつだって上がる株があれば、下る株もあるということですね。

自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

ミズホメディー(4595)

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

自己資本比率は最低40%〜かをチェックしましょう。

プラズマコイ

60%は超えてきました。

「ミズホメディー」の自己資本率は60%を超えており更に上昇中です。
借入金を減らしながら、毎年利益を積み重ねており、自己資本比率が上昇しています。

自己資本比率の上昇は、業績のアップダウンがありながらも、毎年利益がでていることの証です。
好材料ですね。

配当金(高いほど良い)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

業績によって配当金を連動させています。

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

「ミズホメディー」の配当は配当性向が30%と定められており、配当金のそれに連動する形になっています。
2021年12月期は、業績が好調なので1株配当は48円と過去最高の予想です。

配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

配当性向は30%が目安

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※【目安】業種によるが、市場平均は30%くらい。

「ミズホメディー」の30%が目安とされています。
2020年はIRバンクの資料では90%となっていますが、公式の決算短信では30%となっていますね。
データのミスでしょうか。

いずれにせよ、配当性向は30%ということで、安定配当はなさそうです。
配当金を狙って投資をする銘柄ではなさそうです。

営業活動によるキャッシュフロー

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

業績が多少悪化しても黒字を維持!

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって儲けたお金がいくらになったか?」の数字です。

会社の「儲ける力」を調べる項目です。

「ミズホメディー」の営業CFはプラスで概ね成長中です。

近年は毎年の営業CFでは、業績が多少悪化しても数億円はだせるような事業運営になっており、
経営状況としては悪くない進捗に見えますね。

今後も積極的に業績拡大を狙って欲しいと思います。

現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)

ミズホメディー(4595)
プラズマコイ

1億を割ってますね。

次に見ていきたい項目は企業が保有する「現金など」です。

基本的に保有する”現金など”は多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

「ミズホメディー」の現金などは1億を割っています。
自己資本比率を見ると、売掛金の回収など、足元の現金収支は問題ないという経営の判断かと思います。

現金の保有はもう少し保ってくれると投資家としては安心です、
現段階では業績も好調なので問題はないでしょう。

配当金の支払い額(現金などの何パーセントか?)

ミズホメディー(4595)

今の財務状況での配当金の支払い能力はどうでしょうか?

プラズマコイ

2021年の予想では4〜5億円以上を配当金として出す予定

投資家としては基本的に、業績が悪化しても配当を維持して欲しいものです。

配当を維持するためには、短期的に「利益が多少悪化しても配当を支払える現金」があればよいということになります。

そのため、配当金の総支払額を見ることがポイントになります。
「ミズホメディー」は配当性向は30%くらいと、業績に完全に連動するスタイルなので、あまり配当金の総支払額を見る必要もないかと思います。

しかし、今後は自社株買いを行う可能性もあるので、配当金の総支払額を見ておくのは有効かなと思います。

【まとめ】ミズホメディーは業績が急成長中の「検査薬」製造販売の企業

プラズマコイ

中小企業の経理システムをWEB化します!

ミズホメディーの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り0%〜1%台
売上高コロナ検査薬がヒット
EPS(1株利益)増減が激しい
営業利益率10%〜20%くらいは見込める
自己資本比率60%台
1株配当業績連動
配当性向30%くらい
営業CF近年は安定的にプラス
現金など減少しているがおそらく問題はない
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、コロナ銘柄ということで、今後のコロナウィルス検査薬の需要が直近の業績に影響しますね。

「ミズホメディー」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】高値を突破したので2022年の業績をどう見るか?

この記事の執筆時点では株価は3,580円。
2021年12月期の業績は既に株価に織り込まれているので、2022年もこの業績好調と見るかが、
これから購入検討する際はポイントになります。

一通り株価はあがってしまっていますので、今後はマーケットの相場に価格は左右されそうです。
とは言え、今既に保有している場合は、次の決算が悪く無い限りは保有しても良さそうですね。

※投資は自己責任でお願いします。

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連コンテンツです。

IT系の企業です。こちらの業績が堅いですね。

【高配当】「JFEシステムズ(4832)」は財務優良のおすすめの高配当銘柄。投資すべきか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当株として注目の「JFEシステムズ」の財務状況をチェ...

こちらも似たような堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...

総合商社7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...

化学メーカー7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、財務優良な高配...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

【高配当】「三井住友ファイナンシャルグループ(8316) 」は魅力的な高配当の銀行株の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、三井住友ファイナンシャルグループ...

ドコモとKDDIの財務分析です。

【配当金】NTTドコモとKDDIの財務分析【通信株は安定の業績】 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 今回はYouTub...

高配当株の代名詞、JT(日本たばこ産業)へ投資する際の注意点です。

【高配当】JT(日本たばこ産業)に投資するなら押さえておくべき3つのポイント こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 資本主義の代名詞「...