お金・投資

【高配当】「ニューアートホールディングス(7638)」はブライダルジュエリーの企業。株価は?今は買いなのか?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は「脱炭素社会」に向け、今後の成長の期待値が高い
「NEW ART HOLDINGS(ニューアートホールディングス)」の財務状況をチェックしていきたいと思います。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

「ニューアートホールディングス」は「再生エネルギーの発電所」を運営する会社

2021年3月期第1四半期 決算説明資料より

「ニューアートホールディングス」の事業収益は主に「ジュエリーの販売」からもたらされています。
ブライダルジュエリーですね。

ニューアートホールディングスはPKS(パーム椰子の殻)を使ったバイオマス発電所を営んでいます。

プラズマコイ

燃料の調達、電力発電、電力供給の一気通貫を行います。

事業として、燃料調達から、実際の小売までワンストップで全てに関わっているのがが特徴ですね。

ニューアートホールディングスの主な事業

  1. ジュエリー&アート事業
    売上のほどんどがこの事業。
  2. ヘルス&ビューティー
    エステサロン事業

他の事業もありますが、売上としてはほぼ立っていないですね。

今トレンドの「再生可能エネルギー」を扱った企業なので、投資マネーは集まりやすい企業といえます。

時価総額は調査時点で「193億円」ということで小型株ですね。

今回は「ニューアートホールディングス」について

  • 今後業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

チェックは「IR BANK」で行う

今回紹介されている方法は、IR BANKの「決算まとめ」から確認ができます。

※ページの下の方に「決算まとめ」のリンクがあります。

まずは配当利回りを見る

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

高配当銘柄ですね!

「ニューアートホールディングス」の配当利回りは4%くらい

高配当なので現段階で「高配当銘柄として検討すべき銘柄」です。

ブライダルジュエリー産業の今後の事業動向しだいで、この配当利回りが妥当化かを判断していきたいです。
また、小型株なので、今後5年、10年と業績が伸びていくかの”成長力”も見ていきたいと思います。

売上(上昇トレンドであるか?)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

概ね右肩あがり

株価上昇や、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「ニューアートホールディングス」の売上は緩やかに上昇中。
2021年3月期はコロナウイルスの影響でダメージを受けています。

今も都心に店舗を出店していっているので、今後ブライダルジュエリーの需要がどこまで復活してくるか、進捗するかがポイントになります。

近年は海外にも出店しているので、海外事業の動向にも注目が必要ですね。

営業利益率(10%以上は欲しい)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

10%を超えており合格!成長中

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「ニューアートホールディングス」の営業利益率は10%を超えています。

近年は15%を超えていて、儲ける力も成長中です。

ジュエリー事業は「高い営業利益率」を稼ぎ出せる事業ということもわかります。

EPS(一株当たり当期純利益)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

100円突破を目指す

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことですね。

個人的には上昇中であるか、もしくは100円くらいが一つの目安です。
「ニューアートホールディングス」のEPSは概ね進捗中。

当期純利益も成長中の企業で事業は好調と言えます。

自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

ニューアートホールディングス(7638)

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

自己資本比率は最低40%〜かをチェックしましょう。

プラズマコイ

最近、借金が増えてきました。

「ニューアートホールディングス」の自己資本率は減少中。

40%を超えているので問題になる水準ではありませんが、近年「長期借入金が増えています」ので、この借入金を事業成長に繋げられるのかがポイントになります。

しかし、事業に投資をするのは経営として必須なので、経営姿勢としては評価できます。

このあたりは今後も適切に自己資本比率を管理しながら事業を進めて欲しい所です。

配当金(高いほど良い)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

少しずつ増配しています

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

ニューアートホールディングスの配当は、連続で増配をしています。
2021年3月期も1株配当は50円と増配の予定

ここ数年ではガンガン増配しています。

配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

配当性向は40〜50%までは許容範囲か

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※【目安】業種によるが、市場平均は30%くらい。

配当性向は直近実績からは20%ですが2021年3月期の増配を踏まえると40〜50%くらいまでは許容範囲と思われます。

配当性向を上げて株主還元を意識しているフェーズですね。
これだけ配当性向を上げるということは、売上成長の余地があまり無いという裏返しでもあります。

個人的には、売上成長は今後は大きくは望めないと予想します。

営業活動によるキャッシュフロー

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

当期純利益が低い年は営業CFは赤字

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって儲けたお金がいくらになったか?」の数字です。

会社の「儲ける力」を調べる項目です。

「ニューアートホールディングス」の営業CFは近年は好調ですが、たまにマイナスになります

理由は単純に「当期純利益が稼げているかどうか」です

ここ2年は黒字ですが、収入源がほぼブライダルジュエリーの単一事業になるので、景気の影響で一気に赤字になる可能性があります。

現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)

ニューアートホールディングス(7638)
プラズマコイ

現金を積み上げている

次に見ていきたい項目は企業が保有する「現金、現金同等物」です。

基本的に保有する現金などは多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

「ニューアートホールディングス」の現金などは近年少しずつどんどん積み上げられています。
直近は業績も好調ですし、借入金もあるのでこの現金は「業績悪化の保険用途なのか、投資用なのか?」気になる所です。

プラズマコイ

もう少し、利益が積み上がると安心感が出ます。
2、3年後の財務に期待したいです。

配当金の支払い額(現金などの何パーセントか?)

ニューアートホールディングス(7638)

今の財務状況での配当金の支払い能力はどうでしょうか?

プラズマコイ

徐々に増加。
2021年3月期は5、6億円くらいと予想。

投資家としては基本的に、業績が悪化しても配当を維持して欲しいものです。

配当を維持するためには、短期的には「利益が悪化しても耐えられる現金」があればよいということになります。

そのため、配当金の総支払額を見ることがポイントになります。

毎年5億円ほどの配当支払い、今の業績予想からは問題ありません。
このあたりは業績が悪化したら一気に減配になることは覚悟した方が良さそうです。

【まとめ】ニューアートホールディングスは成熟フェーズの「ブライダルジュエリー事業」の企業

プラズマコイ

そろそろ成熟フェーズに突入でしょうか。

ニューアートホールディングスの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り4%台
売上高概ね上昇中
EPS(1株利益)80円くらい。
営業利益率15%は超えている
自己資本比率40%以上だが減少中
1株配当2021年は50円で増配中
配当性向40%〜50%までが目安
営業CF安定感には不安有り
現金など少し心もとない
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、人生の一大イベントである「ブライダル」の「ジュエリー」を取り扱った企業ということで、
今後の需要動向をどう見るかがポイントかと思います。

「ニューアートホールディングス」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】結構上がりきった感じがする

この記事の執筆時点では株価は1,118円。
近年の水準でいくと、株価は結構あがってはいます。

個人的にブライダルジュエリーの産業があがるようには思えないので700円、800円になった時にまた検討するべき銘柄かなおもいます。

※投資は自己責任でお願いします。

関連コンテンツです。

IT系の企業です。こちらは業績が堅いですね。

【高配当】「JFEシステムズ(4832)」は財務優良のおすすめの高配当銘柄。投資すべきか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当株として注目の「JFEシステムズ」の財務状況をチェ...

こちらも似たような堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...

総合商社7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...

化学メーカー7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、財務優良な高配...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

【高配当】「三井住友ファイナンシャルグループ(8316) 」は魅力的な高配当の銀行株の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、三井住友ファイナンシャルグループ...

ドコモとKDDIの財務分析です。

【配当金】NTTドコモとKDDIの財務分析【通信株は安定の業績】 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 今回はYouTub...

高配当株の代名詞、JT(日本たばこ産業)へ投資する際の注意点です。

【高配当】JT(日本たばこ産業)に投資するなら押さえておくべき3つのポイント こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)主に独身男性が幸せに過ごす方法を書いています。 資本主義の代名詞「...