お金・株式投資

【高配当】「キヤノン(7751)」はカメラ、オフィス機器サービスの会社。株価は?今は買いなのか?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、累進配当政策、30年以上減配なし・・・は過去の話の高配当銘柄
「キヤノン」の財務状況をチェックしていきたいと思います。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

プラズマコイ

結論としては「まだまだ業績回復の途上です」

「キヤノン」はオフィス機器がメイン、続いてカメラが柱の製品

プラズマコイ

個人にはカメラのほうがイメージが強い場合もありますが、
プリンタなどの法人向けが収益源です。

「キヤノン」の事業利益は基本的には「オフィス機器」からもたらされています。
個人向けにサービスを展開いている企業でも実は法人向けがメインでそちらから利益をだしているというのは今までの銘柄分析でも多かったですね。

この前分析したマネーフォワード もそうでした。

プラズマコイ

カメラの回復だけでは業績復活には繋がりませんね。

今後の事業推移を占う上では、オフィス機器(プリンティング事業)の復活が1つのポイントになりそうです。
インダストリアル部門は、半導体需要が高と調子が良さそうです。

キヤノンの主な製品群は大きく4つ

  1. プリンティング製品
    主に業務用のプリンター
  2. イメージング製品
    カメラやプロジェクターなど、カメラ関係の製品
  3. メディカル製品
    CTやMRIなど医療機関向けの製品
  4. インダストリアル、その他
    産業用の、半導体関連の装置

時価総額は調査時点で「3兆4504億円」ということで大型株ですね。

今回は「キヤノン」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

チェックは「IR BANK」で行う

今回紹介されている方法は、IR BANKの「決算まとめ」から確認ができます。

※ページの下の方に「決算まとめ」のリンクがあります。

まずは配当利回りを見る

キヤノン(7751)
プラズマコイ

基本的にはずっと高配当

「キヤノン」の配当利回りは大体3〜5%台です

業績に関わらず非常に株主還元の意識が高い会社で、無理してでも配当を出そうとする企業です。
そのため、常に高い配当利回りになっています。

日本を代表する高配当株ですね。

今後は株価成長の期待を持ちつつ、

  • 今後キャピタルゲインを狙ったり、
  • 今後の配当の伸びを期待できるか

チェックしていきましょう。

売上(上昇トレンドであるか?)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

2021年は復活のスタートの年

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「キヤノン」の売上は、2021年12月期 第1四半期は好調な滑り出しで、
2021年の通期の予想も3.5兆円。

かなりの巨大企業であり、売上高は10年前とほとんど変わってないですね。

営業利益率(10%以上は欲しい)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

まだまだ低い水準

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「キヤノン」の営業利益率は低めとなっています。

売上高が横ばいから、減少のなか、営業利益率が年々下がっている事がわかります。
ビジネスでの競争力が低下しているということがわかりますね。

プラズマコイ

まだまだ、キヤノン復活ロードは始まったばかり

営業利益率もこのままでは厳しいので、投資家目線では、さらなる経営改善が求められます。

EPS(一株当たり当期純利益)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

200円に回復するのが当面の目標

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことですね。

EPSは個人的に「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。

「キヤノン」のEPSは100円は超えています。
自社株買いの購入などもあり、業績に比べるとEPSは高くなっているように思われます。

しかし、EPSも長期では減少トレンドなので、ここも注意して見ていきたいです。

自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

キヤノン(7751)

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

自己資本比率は最低40%〜かをチェックしましょう。

プラズマコイ

減少傾向だがここから増加するでしょう

「キヤノン」の自己資本比率は減少傾向でしたが、55%超えで推移しています。
今は過去と比較すると厳しい財務状況ですが、、

当面は問題なさそうですし、今後少しずつ改善していくと個人的には予想しています。

キヤノンに限らず一般的に、自己資本比率は以下の条件で増減することが多いです。

自己資本比率は、主に以下の条件で増減

  1. 利益が現金になり、資産が増え、自己資本比率は増加
  2. 銀行などから借金をすると負債が増えになり、自己資本比率は減少
  3. 借金を返済して負債が減り、自己資本比率は増加

つまり「利益体質の会社」は基本的には、自己資本比率は増加を続けます
※たまに事業投資で一気にお金をつかったり、お金を借りたりすると自己資本比率が減りますね。

配当金(高いほど良い)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

連続増配を続けています

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

「キヤノン」は、一時期は1株160円という、超配当株でした
しかし2020年に80円に減配。
2021年12月期は90円にすこし戻して増配予定です。

しかし、キヤノンは「配当性向と合わせ見るとリスクの度合いがよくわかります。

配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

無理して配当しとるやん!

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※【目安】業種によるが、市場平均は30%くらい。

「キヤノン」の配当性向は50%を基本的に超えています。
配当性向は非常に高く、近年は業績が悪化しても減配をしていません。

非常に株主還元意識の強い企業で、株主に優しいというのが個人投資家の意見で良いと思います。

しかし、直近の減配からわかるように、配当性向100%超え(利益以上に配当を出す)では
配当金を維持することができませんね。

つまり、業績と配当のバランスが今はとれていないということです。
配当性向は50%くらいが安心してホールドできる水準です。

営業活動によるキャッシュフロー

キヤノン(7751)
プラズマコイ

近年は安定して・・・減少傾向

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって儲けたお金がいくらになったか?」の数字です。

会社の「儲ける力」を調べる項目です。

「キヤノン」の営業CFは黒字ですが、減少傾向。

2020年まで、直近3年は厳しい成績ですので
営業CFが増加傾向になるというのは、緊急課題と見ています。

当面の目標は営業CF4000億円の回復ですね。

現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)

キヤノン(7751)
プラズマコイ

減少傾向が続いている

次に見ていきたい項目は企業が保有する「現金など」です。

基本的に保有する”現金など”は多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

「キヤノン」の現金は近年は減少傾向。
2021年12月期 第1四半期の決算から予想すると2021年12月期は、多少”現金など”も増える可能性があると思っています。

現金もすこし戻していかないと、個人投資家としてはあまり安心できないですよね。
貯金が少しずつ減っている企業に明るい未来をイメージしづらいってことです。

配当金の支払い額(現金などの何パーセントか?)

キヤノン(7751)

今の財務状況での配当金の支払い状況はどうでしょうか?

プラズマコイ

とりま1700億くらい用意できるくらいに利益を出して欲しい!

投資家としては基本的に、業績が悪化しても配当を維持して欲しいものです。

配当を維持するためには、短期的に「利益が多少悪化しても配当を支払える現金」があればよいということになります。
そのため、配当金の総支払額を見ることがポイントになります。

「キヤノン」は過去最高水準をみると1700億くらいの配当金を総額でだしていますね。
配当性向50%なら、当期純利益は3400億円くらい欲しいですね。

当期純利益は配当金をまかなえるか?

キヤノン(7751)

「キヤノン」の2021年12月期の当期純利益は1400億円予想。
先程書きました、プラズマコイ的に求める水準は、遥か彼方です。

しかし、配当金を出し続けるためには、企業も利益を投資にまわしてビジネスを変化することも必要ですので、
やはり減配実績からもわかるとおり、利益が配当にくらべて少なすぎたという事がわかります。

配当維持のためには予断を許さない状況と言えますね。

【まとめ】キヤノンは「オフィス機器」がメインで次の事業の柱が求められる

プラズマコイ

オフィス機器の復活が見込めればよいが・・・
そうでなければ次の事業の柱が欲しい所

キヤノンの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り3%台くらい
売上高減少傾向
営業利益率5%台くらい
EPS(1株利益)100円超えだが減少気味
自己資本比率50%台だが増加傾向
1株配当直近は減配実施
配当性向100%超え
営業CFプラスだが減少傾向
現金など減少傾向
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、今後の業績見通しがそこまで明るくないので、毎回の決算を確認して総合的に利益体質になることを確認たいところです。

「キヤノン」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】株価はあがっているが、まだ保留

この記事の執筆時点では株価は2,628円
株価水準としては”ほどほど”かと思います。

業績が余談を許さない状況なので、今わざわざ買う銘柄ではないかなと思いますが、
今後2021年度の決算が良さそうであれば、そこに向けてジリジリ株価もあがってくるかもとは思います。

しかし、配当を無理してだしているので、ちょっと危ないかなとも思いますね。

※投資は自己責任でお願いします。

株価が高い株を買う場合は「SBIネオモバイル証券」がおすすめ

株価が高かったり、投資資金が少ない場合、
1株から買えるのが「SBIネオモバイル証券の魅力」

こんな方におすすめです。

  1. 個別株で欲しい銘柄があるけど、高くて変えない。
  2. 投資資金は多くないけど、色んな株を買いたい。
  3. 取引金額が少ないし、手数料は少なくしたい。

SBIネオモバイル証券の月額費用は200円(税抜)、取引手数料は50万円までの取引は何回やっても固定なので、
株価が高くて買えない場合は、1株単位で少しずつ買って小額から始めるられるのでおすすめです(^^)

さらに毎月Tポイントが200ポイントが付与され、そのTポイントでも株が買えます。
つまり実質の維持コストは毎月20円と激安です。

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連コンテンツです。

キャッシュレス時代の急成長企業「GMOペイメントゲートウェイ」です。

【超成長】「GMOペイメントゲートウェイ(3769)」は業績急成長で評判の決裁代行会社。株価は?今は買いなのか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、コロナ銘柄として一世を風靡している、「GMOペイメントゲ...

IT系の企業です。こちらは業績が堅いですね。

【高配当】「JFEシステムズ(4832)」は財務優良のおすすめの高配当銘柄。投資すべきか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当株として注目の「JFEシステムズ」の財務状況をチェ...

こちらも似たような堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...

総合商社7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...

化学メーカー7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、財務優良な高配...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

【高配当】「三井住友ファイナンシャルグループ(8316) 」は魅力的な高配当の銀行株の銘柄 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、三井住友ファイナンシャルグループ...