株式投資・金融知識

【売上成長率30%超え】「カオナビ(4435)」は「人財を育てる」サービスを提供。業績は絶好調。株価も好調。今は買いなのか?

プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は「個性・才能を発掘し、社員を人財として活用」するサービスを提供している
「カオナビ」の財務分析をしていきます。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

プラズマコイ

クラウドで「人材マネジメント」システムを提供している会社です

ツイッターで今後のポテンシャルをざっくり予想しました。

カオナビは決算資料の数字が見やすくてわかりやすいのが個人的に評価ポイントです。

「カオナビ」はDXソリューション、生産性向上・IT人材育成サービスなどを展開

カオナビは労務管理ではなく「人材管理」を行うサービス
プラズマコイ

最適な人材を最適なポジションに配置するサービス

「カオナビ」の事業利益は「カオナビ」の事業で生み出されています。
他に事業がなく、ビジネスがわかりやすいですね。
投資家にとって優しい企業と言えます。

カオナビが優れている点は「人材を人財」にできるところです。
想像してみてください。社員を育成することは簡単でしょうか?

人事部が「自社内で適材適所」を行うには「カオナビ」のような仕組みを利用して、
個人の能力を活かし、育成する仕組みが必須です。

特に今後の日本は生産性の向上が急務なので人財管理の需要が見込まれます。

このように、人材育成は企業にとって重要な問題です。
新卒を採用してもすぐに離職してしまうといった問題もあります。

中途社員を採用するにしても費用がかかりますし「ハズレ」を引いてしまうリスクもあります。
人材管理は企業にとって「後回しにされてきたが重要な課題」なのです。

時価総額は調査時点で「300億」ということで小型株ですね。

PERは黒字転換したばかりなので参考にならないですね。

今回は「カオナビ」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

「カオナビ」の配当利回りを見る

プラズマコイ

無配の企業です。

「カオナビ」は事業投資に注力するため現状は配当をだしていません。

  • 今後キャピタルゲインを狙えるか?
  • 今後の配当を期待できるか?

チェックしていきましょう。

「カオナビ」の売上(上昇トレンドであるか?)

プラズマコイ

売上成長率は毎年30%を維持

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「カオナビ」の売上は上昇中です。
2022年度はガイダンスでは33%と売上が再成長をする予想です。
売上の再成長は継続的な成長力を維持しているということなので、このガイダンスを達成できるかは重要です。

今後も「カオナビ」は売上成長率が最重要な指標になってきます。

「カオナビ」の営業利益率(10%以上は欲しい)

プラズマコイ

プラ転をする予定です。

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「カオナビ」の営業利益率は2%ほどです。

2022年はプラ転をするタイミングなので、今後の営業利益率がどのように上昇してくるかが注目です。

ポテンシャルとしては営業利益率10%〜20%は狙える企業だとおもいます。
営業利益率のコントロールにも期待していきたいです。

「カオナビ」のEPS(一株当たり当期純利益)

プラズマコイ

これから上昇すると予想できる

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことです。

EPSは個人的に「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。
「カオナビ」のEPSは2円弱です。
黒字転換をしたあと、どのような上昇を見せてくれるのか期待ですね。

今後の利益動向が毎年上昇すればEPSはおのずと上昇してきます。
カオナビのEPSは今後は「毎年上昇しているか」に注目していきたいと思います。

EPSが毎年上昇すれば株価もあがってくると予想できます。

「カオナビ」の自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

プラズマコイ

自己資本比率は低下気味

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

「カオナビ」の自己資本比率は30%程度です。
自己資本比率の低さは少し注意点ですね。
財務的には、自己資本比率が30%を切と黄色信号になっています。

このタイミングで黒字転換をする理由も、自己資本比率の低下を考慮しての判断かもしれません。

今後は自己資本比率がどのように上昇させていけるか注目したいところです。

「カオナビ」の配当金(高いほど良い)

プラズマコイ

無配の企業です。

まだまだグロース期の企業ですので配当は出していませんね。

「カオナビ」の営業活動によるキャッシュフロー

プラズマコイ

マイナスの年もあるが、今後は安定的にプラスか

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって入金されたお金がいくらになったか?」の数字です。

基本的には毎年プラスが理想です。

「カオナビ」の営業CFはプラスとマイナスを繰り返しています
どちらかというとトータルではプラスですね。

今までは赤字経営が続いていたのでマイナスの年もありましたが、
今後は毎年力強くプラス成長をしてくれるかと思います。

今後は営業キャッシュフローが安定的に成長していくかにも注目ですね。

「カオナビ」の現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性) 

プラズマコイ

現金は順調に増加中

基本的に保有する”現金など”は多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

しかしお金は「使ってこそ意味がある」ので貯めすぎは良くありません。

「カオナビ」の現金は少しすず増加傾向です。
有利子負債も増えているので、利益が積み上がっているとは言い難いです。
しかし事業用の手元資金は十分かと思います。

現金保有額は問題なしですね。

「カオナビ」の当期純利益は上昇中か?

プラズマコイ

黒字転換で今後は利益フェーズに突入か?

「カオナビ」の当期純利益は2022年は黒字転換の予定です。
個人的には一度クロテンしたら、今後も継続してほしいですね。

そして売上同様に利益も毎年のように増加してほしいです。

当期純利益よりは営業利益を重視するプラズマコイですが、
「カオナビ」が今後株価を維持するためにはまずは黒字化して、それを維持することが重要なポイントになると思います。

【まとめ】「カオナビ」は「黒字化」で今後利益フェーズになることが期待できる人材マネジメント企業

プラズマコイ

今後も急成長できる人材管理ソリューションに期待

カオナビの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り
売上高高成長中
営業利益率2%予想
EPS(1株利益)2円
まだこれから
自己資本比率31%台
1株配当
配当性向
営業キャッシュフロー増加中
現金など問題なし
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、クラウド人材管理ツールとして成長中のサービスなので今後の成長力にも期待したいです。
今後も毎回決算をチェックして業績を伸ばし続けられるかは注目です。

一度導入してしまえばそこまで解約されづらいサービスかとも思うので、サブスク銘柄としても注目していきたいです。

【チャートは?割安?】「カオナビ」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】ボトムまで下がってきました

この記事の執筆時点(21/09/06)では株価は2655円。
ここ数年の水準でみるとボトム付近です。

ここまでの決算はそれほど悪くないですがこの右肩さがりは手が出しづらいところです。
チャート的には入りづらい形になっています。

※投資は自己責任でお願いします。

株を毎月コツコツ買っていくなら「SBIネオモバイル証券」がおすすめ

カオナビは魅力的ですが、まとまった投資資金がない場合、1株から買える「SBIネオモバイル証券」がおすすめです。

カオナビを1単元(100株)買おうとするとまとまった金額が必要になります。

初心者は少額で経験を積むのも良いと思いますので、そういった意味でも「SBIネオモバイル証券」はおすすめです。

マネックス証券なら「企業の分析」が簡単にできる

プラズマコイが分析用に使っている証券口座は「マネックス証券」です。
マネックス証券の「銘柄スカウター」は以下の項目がわかりやすくて気に入っています。

  1. 企業の業務内容・サービスの概要がわかる
  2. 企業がどんな事業セグメントを持っているかがわかる
  3. 直近の決算短信などのIR情報にすぐにアクセスできる
  4. 各年度ごとや四半期ごとの業績推移が見やすい

口座開設は無料で「1株の単元未満株でも買付手数料が無料」なのも魅力です。
口座開設がまだの方は開設して株の分析を楽しみましょう!(^^)!

以下記事で「銘柄スカウター」での株の分析方法を解説しています

【使い方11選】株の分析ツールは「マネックス証券の銘柄スカウター」がおすすめ!【初心者でもすぐできる】 プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)今回は僕が普段やっている「ファンダメンタルズ分析」の方法を紹介します。 僕は...

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

本ブログは株式投資から経済を学ぶブログです。応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

関連コンテンツです。

3年で売上が50%成長しているテンバガー候補株です。

【2021年8月版】10倍株を見つける!ここ3年の売上成長率が50%高成長を続けるテンバガー候補38銘柄 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は「ここ3年の売上高成長率が50%以上」の成長株を日本株でスクリ...

高成長を続ける日本株を集めました。

【2021年6月版】10倍株を見つける!高成長を続けるテンバガー候補銘柄28選 プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)今回は、将来株価が2倍、3倍にあがりそうな成長企業をピックアップしました。 ...

地味であまり話題にならない高配当株をピックアップしました。

【高配当株12選】地味で知られていないが、おすすめな高配当銘柄2021年6月版 こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、2020年5月下旬の株価、配当利回りを基に「あまり有名で...

営業利益が高く、業績も好調な「プレスリリース」が集まる企業です。

【営業利益率37%】「PR TIMES(3922)」は”プレスリリース”のプラットフォーム運営会社。株価は?!今は買いなのか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、企業が幅広いユーザーに情報を届けることができる「企業発表...

こちらは堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...