連続増配の株

【10年連続増配】「ヤマダコーポレーション(6392)」は産業機器メーカー。株価は?投資すべき?【配当利回り4.2%】

プラズマコイです(^^)
SNS: PostPrim

今回は「ヤマダコーポレーション」の財務状況をチェックしていきたいと思います。

「ヤマダコーポレーション」は産業用ポンプなど「産業用機械メーカー」です。
事業領域は3つで、産業用ポンプ、自動車整備用機器、作業環境改善機器です。

海外売上比率が50%と円安の恩恵を受けられる企業としても注目です。

プラズマコイ

利益水準は横ばい傾向ですが高配当株として安定してます。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

「ヤマダコーポレーション」は産業ポンプを中心とした機械メーカー

3つの事業セグメントで事業を展開 ※画像は公式サイトより引用
ポンプの事業が収益源

ポンプを中心とした産業製品を世界各国に展開しています。

「ヤマダコーポレーション」の事業利益は主に「インダストリアル部門(ポンプ)」から生み出されています。
ポンプが事業の半分以上をしめており主力の製品であることがわかります。

次いでオートモーティブ部門の構成比率も30%ほどあります。
自動車関連のメンテナンス機器も重要な割合を占めています。

ヤマダコーポレーションの事業領域は2つ

  1. インダストリアル部門
    ポンプ製品
  2. オートモーティブ部門
    カーメンテナンス製品、作業環境改善機器
  3. その他
    製品の修理など

「ヤマダコーポレーション」は産業機器メーカー。

エアポンプなどのポンプ製品を中心に、カーメンテナンス、作業環境改善機器を製造・販売している
製品例はこちら

業績は堅調で10年連続増配を継続中。

売上は日本が5割で、次いで米国が多い

時価総額は調査時点で「57億円」ということで超小型株ですね。
PERは6.3倍と一般的には割安水準です。

今回は「ヤマダコーポレーション」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。
※プラズマコイの独自調査に基づく記事のため事実と異なる内容の場合があります。

「ヤマダコーポレーション」のPER推移を見る


PER的には過去と比較すると割安感はありません。

この株の「割安度」の判断目安として過去のPER比較を行います。
過去のPERより低ければ割安になっている場合があります。

「ヤマダコーポレーション」の今のPERは6.3倍。

今のPERは過去水準と同等と言えます。
特に割安感は感じません。

また、1日の出来高も少なく、流動性(思ったタイミングで買ったり売ったりできる)にも懸念があります。
出来高が少ないので、買うにしても100株 or 200株程度の保有にとどめたほうが良い銘柄でしょう。

「ヤマダコーポレーション」の配当利回りをみる

配当利回りは4%を超えています。

「ヤマダコーポレーション」の配当利回りは22/6/10時点で4.26%です。

概ね高配当の水準で、タイミング次第で4%を超えていますね。
配当利回り的には4%もあれば十分魅力的な水準です。

「ヤマダコーポレーション」の売上(上昇トレンドであるか?)

売上は上昇中です。

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「ヤマダコーポレーション」の売上は上昇中です。
緩やかにではありますが売上はあがっています。

また、2023年の業績見通しの前提となる為替レートは、1米ドル=120円、1ユーロ=130円とのことで、円安効果で業績の上振れが狙えそうです。

「ヤマダコーポレーション」の営業利益率(10%以上は欲しい)

営業利益率は12%程度です

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、営業利益は4%〜7%を目安としています。
「ヤマダコーポレーション」の営業利益率は約12%前後。

営業利益率は高いといえるでしょう。
ニッチ産業の製品を扱っており、競争力が高い製品を展開できていると言えそうです。

「ヤマダコーポレーション」のEPS(一株当たり当期純利益)

EPSは横ばい推移です。

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことです。

EPSはプラズマコイ的には「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。

「ヤマダコーポレーション」のEPSは横ばい推移です。
EPSはここ5年は常に300円を超えており、安定して利益を出せていることがわかります。

「ヤマダコーポレーション」の自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

自己資本比率は70%前後です。

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

「ヤマダコーポレーション」の自己資本比率は70%程度です。
近年は有利子負債が増えてきてはいますが自己資本比率は相変わらず高く問題ないでしょう。

財務状況も盤石な水準です。

「ヤマダコーポレーション」の配当金(上昇傾向か?)

10連続増配の企業です。

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

「ヤマダコーポレーション」は10年連続増配の企業です。
毎年少しずつ増配を続けている企業です。

2023年の1株配当は101円と配当は維持予想です。

連続増配を更新できるかに注目です。

「ヤマダコーポレーション」の配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)


配当性向は20%あたりです。

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※市場平均は30%くらいです。

「ヤマダコーポレーション」の配当性向は20〜30%が目安です。
配当性向は高くなく、少しずつ増配を重ねている今でも30%を下回っています。

配当性向も毎年少しずつ増加していく「連続増配スタイル」をとっているように感じますね。
一方、配当性向は市場平均より抑えめの企業で、30%を超えるのは避けたいと言ったスタンスのようです。

「ヤマダコーポレーション」の営業活動によるキャッシュフロー


営業CFは安定プラスです。

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって入金されたお金がいくらになったか?」の数字です。

基本的には毎年プラスが理想です。

「ヤマダコーポレーション」の営業CFはプラスです。
年によって多少差があるとは言え、期ズレ(入金が翌年にずれ込むこと)を考慮すると概ね横ばいであると言えます。

営業CFは安定している企業といえるでしょう。

「ヤマダコーポレーション」の現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)


現金は増加傾向です。

現金は業績悪化に対する備えや、事業活動の原資になります。
基本的に“現金など”は多い方が良いです。

しかしお金は「使ってこそ意味がある」ので貯めすぎも良くありません。

「ヤマダコーポレーション」の現金は2022年終了時は35億円程度です。

総資産(170億)に占める現金の比率は20%と現金比率も問題ないでしょう。

過去の現金保有額絡みても30億円程度あれば事業運営には問題なさそうです。
今後は売上、利益と共に自己資本比率と現金保有額を照らし合わせて財務力が盤石かをチェックしていくのがよいでしょう。

「ヤマダコーポレーション」の当期純利益は上昇中か?


当期純利益はレンジの中に収まっています

「ヤマダコーポレーション」の当期純利益は横ばい傾向です。
近年は大体10億円前後ですね。

当期純利益の観点からは停滞感がありますが、安定感も感じます。
少しで良いので利益も上昇傾向であると長期投資向きの銘柄になりますね。

【まとめ】「ヤマダコーポレーション」は10連続増配の増配株。事業は安定推移

プラズマコイ

連続増配株で安定業績の企業です。

ヤマダコーポレーションの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り4.2%
売上高上昇中
EPS(1株利益)横ばい
営業利益率約12%
自己資本比率約70%
1株配当10年連続増配
配当性向20%
営業CF安定プラス
現金など問題なし

総評としては、連続増配&高配当の優良企業です。

今後の増配力には疑問符がつく部分もあり、買いタイミングには注意が必要でしょう。

「ヤマダコーポレーション」の今後の株価は?買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】今の株価は中途半端な位置

この記事の執筆時点(6/10)では株価は2,369円。

コロナショックのときの1,700円ほどまで落ちてきたときは買い場でしょうが、今はレンジ相場です。上昇することを予想した場合は2000円〜2300円の間なら買ってもよいでしょう。

大きい画像

テクニカル分析でいくならば、月足で見たときに底値で大きな下ヒゲをつけたあと、上昇をする場合があるのでこのあたりのタイミングを待って狙っても良いかもしれません。

※本記事は金融商品の購入を推奨する意図はありません。
※投資は自己責任でお願いします。

関連コンテンツです。

円安時に業績を伸ばしそうな日本株の好業績企業をピックアップしています。

【円安銘柄】海外売上比率50%以上の増益・増配株60銘柄【日本株】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は日本株で「海外売上比率が50%以上」の有望企業をチェックします...

日本株で連続増配の優良企業60銘柄と、注目の企業をピックアップしました。

「連続増配株ランキング」ベスト60銘柄[2022年]の割安度をチェックする【10年以上 連続増配】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 更新履歴 2022.3.29 公開2022.11.10 割安度を見...

連続増配株を中心に野球の打線を組み攻守のバランスの良い高配当ポートフォリオを作りました。

【決定版】高配当株で野球の打線を組む【攻守に優れた高配当株9選+12選】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 先日、投資家バクさんが高配当株で野球の打線を組んだ場合の企業イメージ...

高い営業利益率と高い自己資本比率を持つ安定高配当株を紹介しています。

【優良銘柄】高い営業利益率&高い自己資本比率の高配当株30選 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は、営業利益率が高く、自己資本比率も高い、業績・財務が安定してい...

2022年の投資環境を考慮したディフェンシブなおすすめポートフォリオを紹介します。

【2022年の投資戦略】攻守のバランスを考えた「日本株30選」厳選ポートフォリオを設定【今年の主軸銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

割安高成長の銘柄をピックアップしました。

【2022年はバリュー株の時代】割安で高成長の日本株32選【テンバガー候補の注目10銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

高齢化社会に向けた注目銘柄です。

4/20更新【高齢化社会】看護・介護・通院関連の企業株おすすめ13選!いま投資すべき会社を探す! プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は高齢化社会に伸びそうなの銘柄をいくつかピックアップして、業績が...

物流関連の銘柄をピックアップしました。

【22年8月更新】物流銘柄19選!注目の物流関連の銘柄をピックアップ プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim ※2021年8月14日に公開した記事を2022年8月21日版に更新し...