カテゴリ別おすすめ株◯選

【高配当・成長株】不動産関連銘柄133社から選ぶ「おすすめ株ランキング」15選

プラズマコイです(^^)
SNS: PostPrim

最近は日経平均も3万円を達成してコロナ前の価格を更新しています。
そのため投資家の中では「割高感」を感じている方も多いかと思います。

そんな中、まだコロナ前の水準に戻っていない業界があります。
それが「不動産業界」です。

不動産業界の株価はまだ回復途中で割安感がある

日経と、東証REIT指数(不動産業界)の比較をチャートで見てみましょう。
不動産

青が日経、水色が東証REIT指数

個別の不動産会社の株も、概ね東証のREIT指数に近い値動きをしていて、
まだまだ日経平均に比べて出遅れが目立つ銘柄が多いです。

そんななか、ワクチン接種の期待などで、株価が中々もどらなかった、
バリュー株の人気が高まってきました。

今回は低PERでバリュー株として据え置かれている銘柄が多い、不動産業界の銘柄で「投資すべき優良の銘柄」を探していきたいと思います。

不動産業界の133社からおすすめの銘柄を探す

バフェット・コードの不動産業界の会社一覧 では133社が名を連ねています。

今回は「売上高、営業利益率、配当利回り」の材料中心に、
気になる銘柄を15個ピックアップしました。

気になる15個の不動産会社の銘柄をピックアップ

不動産会社と言っても、会社によって業績は様々です。

  1. 高配当株
  2. 売上成長中の株
  3. 業績が安定株の株
  4. 三井・三菱・住友の3大財閥の不動産事業

それぞれ、良いところと心配なところがありますね。

銘柄コード会社名売上高配当利回
営業利益率コメント
8892日本エスコン77,3085.00%15.80%過去減配なし
高配当
3244サムティ101,1204.70%17.20%業績↑
高配当
8934サンフロンティア不動産73,2184.60%22.60%21年は減収だが高配当
8935エフ・ジェー・ネクスト84,8403.90%12.30%高配当
4809パラカ12,4713.40%11.20%配当維持
3231野村不動産HD676,4953.30%12.10%連続増配
3003ヒューリック339,6453.20%29.60%営業利益率が高い
3475グッドコムアセット26,3233.00%10.70%グロース銘柄
3482ロードスターキャピタル16,9792.90%26.40%営業利益率高いグロース
8864空港施設24,8552.70%16.80%堅い安定会社
3288オープンハウス575,9512.50%10.80%売上高成長
8818京阪神ビルディング15,3192.00%35.30%営業利益率高い。業績安定
8801三井不動産1,905,6421.90%14.70%最大手
8802三菱地所1,302,1961.60%18.50%最大手
8830住友不動産1,013,5121.10%23.10%最大手
データは「バフェット・コード」より。

今後、個別で決算や財務情報を1つずつ分析して、個人的に順位をつけて、ランキング化していきたいと思います。

不動産業界は「景気敏感株」という事を覚えておく

プラズマコイ

高配当や、優待株など魅力的な銘柄が多いが難易度も高い

プラズマコイは、不動産会社の個別銘柄は「中上級者向け」の投資だと思っています。

理由は、基本的に不動産の銘柄は景気敏感株なので、
株価の上下や、配当金の上下が頻繁に発生する業界です。

そのため、1度買ってあとはほったかしという投資スタイルは取りにくい業界といえます。

つまり投資をする際は、ある程度のリスク許容度が必要といえます。

一方、不動産業界は、営業利益率が10%以上の会社も多く、
儲かりやすい業界なので、景気が良いときは非常にリターンを得やすい業界とも言えます。

【まとめ】不動産業界はまだまだ割安

プラズマコイ

高配当株ポートフォリオなどにも入れたいですし、
不動産の銘柄は見ておきたいですね。

この記事のまとめ

  • 不動産業界はコロナ前の水準に戻っておらず全体的にはまだ割安と言える
  • 133社の中から注目の銘柄は個人的には15銘柄
  • 不動産業界は、景気敏感株なので投資をする際は、ある程度の上下を覚悟する必要がある。

マネックス証券なら「企業の分析」が簡単にできる

プラズマコイが分析用に使っている証券口座は「マネックス証券」です。
マネックス証券の「銘柄スカウター」は以下の項目がわかりやすくて気に入っています。

  1. 企業の業務内容・サービスの概要がわかる
  2. 企業がどんな事業セグメントを持っているかがわかる
  3. 直近の決算短信などのIR情報にすぐにアクセスできる
  4. 各年度ごとや四半期ごとの業績推移が見やすい

口座開設は無料で「1株の単元未満株でも買付手数料が無料」なのも魅力です。
口座開設がまだの方は開設して株の分析を楽しみましょう!(^^)!

以下記事で「銘柄スカウター」での株の分析方法を解説しています

【使い方11選】株の分析ツールは「マネックス証券の銘柄スカウター」がおすすめ!【初心者でもすぐできる】 プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)今回は僕が普段やっている「ファンダメンタルズ分析」の方法を紹介します。 僕は...

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連コンテンツです。

三菱商事、三井物産、住友商事など商社7社の企業比較を行っております

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...