株式投資・金融知識

【最新ロボアド】SBIラップ登場!AIがアクティブ投資を実施【最大パフォーマンスを目指す】

プラズマコイです(^^)
SNS: PostPrim

3/31から申し込みが可能になったSBI証券の「SBIラップ」について調べてみました。
内容について紹介してきます。

結論としては「既存のロボアドよりアクティブに売買をする自動売買サービス」といった印象です。

プラズマコイ

手数料は同等で他のロボアドより高いパフォーマンスを目指すサービスですね

既に登場しているAIロボアド(銘柄選びから売買まで自動で行う)サービスは以下の5つがあります。

  1. 預かり資産No1の「WealthNavi(ウェルスナビ)」
  2. 最低1万円から始められる「THEO(テオ)」
  3. 最低1000円から始められる「ON COMPASS(オンコンパス)」
  4. 手数料が最安(0.715%)の「楽ラップ」
  5. 独自のAIアルゴリズムの「Folio ROBO PRO」

今回のSBIラップも枠組みは同様のサービスになります。

本ブログは株式投資から経済を学ぶブログです。応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

※本記事は4/1時点で個人が調査した内容です。数字など事実と異なる場合があります。

手数料は他のサービスと比べて同水準、1万円からはじめられるのが魅力


ポイント還元を考慮すれば
安くなる場合もあるでしょう

サービス手数料最低投資金額
SBIラップ0.955%
程度(税込)
1万円
WealthNavi1.1%(税込)10万円
THEO+docomo1.1%(税込)1万円
ON COMPASS1.0175%
程度(税込)
1000円
楽ラップ0.715%(税込)10万円
Folio ROBO PRO1.1%(税込)10万円
※3000万円未満の預かり資産の場合

SBIラップは他のサービスと比べると手数料は多少安い印象があります。
しかし実際の手数料は売買する商品によって上下するので安いと断言はできません。

Tポイント、Pontaポイント、dポイントでポイント還元がお得

手数料は他のサービスと同水準です。

しかし「Tポイント、Pontaポイント、dポイント」と3つのポイントを選んで、そのポイントが還元されます。

どれもコンビニなどで使える使い勝手が良いポイントサービスです。
実質的な手数料は下がると言えるでしょう。

保有額によりポイント還元率がかわります。
ほとんどの人は1000万円未満になりますね。

SBIラップ保有額ポイント還元率
1,000万円未満0.10%
1,000万円以上0.20%

1万円から開始できるのがうれしい

SBIラップは1万円の投資金額から可能です。
10万円は難しくても1万円からならはじめやすいですね。

投資初心者や、他のサービスと比べながら開始したい人には最低投資金額も重要になってきます。

投資信託を買い付ける形なので最低投資金額が抑えられています。

投資パフォーマンスは「WealthNavi」と同等になる?


他より優れた投資成績を出せるでしょうか?

SBIラップは既存のロボアドサービスの投資パフォーマンスを超えられるのでしょうか?

SBIラップはWealthNaviと同じ「現代ポートフォリオ理論」を採用しているため同様のパフォーマンスになるかと思ったら・・・
公式サイトでテストが公開されていました。

これによると、一般的なロボアドバイザーよりアウトパフォームするということで、
高い投資パフォーマンスを出せる(かもしれない)商品だということがわかります。

公式サイトよりバックテスト(シミュレーション)

※こちらの公式サイトの記載では手数料部分が少しSBIラップに有利な条件になっている気もしますのであくまで参考として見ていくといいでしょう。

プラズマコイ

実際にSBIラップに投資してみたくなるチャートではありますね。

投資パフォーマンスは「FOLIO ROBO PRO」より少しマイルドになる?

SBIラップの投資パフォーマンスを予測する上で、公式サイトの以下の部分が参考になります。

SBIラップは、FOLIOが持つAI運用に関するノウハウを活用し、SBI証券とFOLIOが共同開発したサービスであり、主に以下の点において、FOLIO ROBO PROと異なる特性を持ちます。

SBIラップは、専用の投資信託を通じてETFに投資を行い、常に8種類のアセットクラスに分散投資を行います。そのため、投資配分の変更が行われた場合であっても、FOLIO ROBO PROと比べて極端に偏った投資配分にはなりにくく、リスクをコントロールしながらコア資産運用を行うことが可能です。

公式サイトより引用

SBIラップは以下の8資産を組み合わせてポートフォリオを組みます。

また共同開発をしているFOLIO社の「FOLIO ROBO PRO」は以下の特徴を持つロボアドサービスです。

FOLIO ROBO PROは、AIによる相場予測に基づき、最低2~最大8種類のETFに投資を行い、投資配分を毎月ダイナミックに変更することでパフォーマンスを追求する全自動資産運用サービスです。なお、サービスリリース(2020年1月15日)から、2022年2月末までの間のパフォーマンスは+31.17%*となっています。

SBIラップも同様に毎月ダイナミックに投資配分を変更して、積極的にリターンを狙っていくサービスです。

一般的なロボアドバイザーが”リバランスのみ”を自動で行うサービスに対して、
SBIラップはAIがアクティブ投資を行う形のサービスと言えそうです。

投資”リスク”は「WealthNavi」以上「FOLIO ROBO PRO」以下と予想

プラズマコイ

一般的なロボアドよりも機動的に売買をするサービスだと予想できます。

SBIラップの投資パフォーマンスを予測するための材料は大きく2つだと思います。

SBIラップのパフォーマンスを予想する上での材料

  1. WealthNaviと同じ「現代ポートフォリオ理論」を採用
  2. FOLIO ROBO PROのようにアクティブに売買を行う

SBIラップは基本的には株式をコアとした「コア・サテライト戦略」で運用する想定に見えます。

そうなるとコアをどれにするかが大切ですが、
それを予測するのはほとんどの人には不可能でしょう。

SBIラップならAIが相場を先読みして自動で最適なバランス配分を行ってくれるということです。

つまりSBIラップをまとめると以下のサービスということです。

一般的なロボアドよりも、より投資を任せられる「完全自動AI」サービスがSBIラップ。

期待感は高いサービスだと思うので、
プラズマコイも実際に運用して成績をチェックしていきたいと思います!🎏

※本記事は個別銘柄の投資を推奨するものではございません。
※投資は自己責任でお願い致します。

SBIラップを開始するためにはSBI証券の口座開設が必要です。
SBI証券の口座開設は無料でできます >>

本ブログは株式投資から経済を学ぶブログです。応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

関連コンテンツです。

連続増配株を中心に野球の打線を組み攻守のバランスの良い高配当ポートフォリオを作りました。

【決定版】高配当株で野球の打線を組む【攻守に優れた高配当株9選+12選】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 先日、投資家バクさんが高配当株で野球の打線を組んだ場合の企業イメージ...

連続増配の優良企業60銘柄と、中でも注目の企業をピックアップしました。

「連続増配株ランキング」ベスト60銘柄[2022年]の割安度をチェックする【10年以上 連続増配】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は、日本株の「連続増配ランキング」ベスト60の割安度を独自にチェ...

高い営業利益率と高い自己資本比率を持つ安定高配当株を紹介しています。

【優良銘柄】高い営業利益率&高い自己資本比率の高配当株30選 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は、営業利益率が高く、自己資本比率も高い、業績・財務が安定してい...

2022年の投資環境を考慮したディフェンシブなおすすめポートフォリオを紹介します。

【2022年の投資戦略】攻守のバランスを考えた「日本株30選」厳選ポートフォリオを設定【今年の主軸銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

割安高成長の銘柄をピックアップしました。

【2022年はバリュー株の時代】割安で高成長の日本株32選【テンバガー候補の注目10銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

高齢化社会に向けた注目銘柄です。

4/20更新【高齢化社会】看護・介護・通院関連の企業株おすすめ13選!いま投資すべき会社を探す! プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は高齢化社会に伸びそうなの銘柄をいくつかピックアップして、業績が...

物流関連の銘柄をピックアップしました。

2/12更新【物流銘柄おすすめ19選】今こそ物流セクターが狙い目!注目の物流関連の銘柄をピックアップ プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 先日の以下のツイートの通り「物流」セクターの銘柄を発掘していきたいと...