お金・株式投資

「eMAXIS Neo ロボット」は評判の高いおすすめの投資信託【今後は?長期で伸びる?つみたてNISAで買える?】

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は「革新的テーマへの投資機会」と「わくわく感」をお届けする投資信託のeMAXIS Neoシリーズの中から「eMAXIS Neo ロボット」についてわかりやすく解説していきます。

eMAXIS Neo ロボット の基礎情報

プラズマコイ

ロボットに関係する企業株をあつめたファンド

まずは最初にさくっと投資信託の基礎情報を確認しましょう。

eMAXIS Neoシリーズ共通として信託報酬が多少高いのが気になりますが、純資産総額が少ないからでしょうか。

毎月組み込み銘柄がガンガン変わっている所からアクティブファンドだと思えばそれほど高くはないかもしれません。

近年設立された「ロボットに関連する」企業をあつめた投資信託ですね。

項目内容
運用会社三菱UFJ国際投信
連動する指数S&P Kensho Robotics Index
(ロボットの銘柄をあつめたもの)
ファンド設定日2018年8月6日
投信の種類外国株式型インデックス
購入時手数料無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.792%以内
信託財産留保額無料
※楽天証券、みんかぶ投信のサイトより 2021年1月時点

購入出来る証券会社は多数ありますが、
基本的にはプラズマコイは「SBI証券 or 楽天証券」をおすすめしております。

eMAXIS Neo ロボットの組入銘柄

それでは「eMAXIS Neo ロボット」の組入銘柄を見ていきましょう。

eMAXIS Neo ロボットのチャート、評価

直近1年のパフォーマンスをチャートで見てみましょう。

年次のパフォーマンスを表にすると以下になります。

年間成績2019年末2020年末
基準価格10,794円12,003円
前年比:約1.12倍
純資産総額7.4億円7.96億円
前年比:約1.07倍

2020年の1年で、基準価格は約1.12倍になりました。
純資産総額は約1.1倍に増えています。

構成銘柄の株価は多少あがっていますが、純資産額は他のeMAXIS Neoシリーズと比べると物足りない増加額です。

ロボットの「テーマ」はまだ他のテーマに比べると勢いが来ていないといえますね。

2020年はイマイチの「eMAXIS Neo ロボット」

2021/1/20 みんかぶ投信のサイトより

3ヶ月毎の成績をみてみましょう。
2020年の1年でリターンは11.20%とになっています。

プラズマコイ

2021年もこの調子で伸ばせるのでしょうか?

2020年にもリターンを伸ばした投資信託ですが、
2021年もこのまま上がるか、下がるか、大暴騰するか?

「eMAXIS Neo ロボット」は2018年に設立されたファンドで、2020年はまだ波が来たとはいいきれません。

しかし、医療や食品の産業で遺伝子組み換え、ゲノム編集といった「未来の技術」はテーマ投資として近年盛り上がりを見せています。

そもそも「ロボット」はどんな用途に使われるの?

そもそもロボットは産業用途として従来より期待されていました。

ロボットで実現するサービス

  • 医療(手術を遠隔でロボットが行う)
  • 工業用(溶接などの作業をロボットが行う)
  • 家庭用(お掃除ロボットなど)

eMAXIS Neo ロボットに含まれる企業は基本的には「医療用」「産業用」がメインです。
食品といった所ではなく、難病を救うための技術の企業群と思っていいでしょう。

「eMAXIS Neo ロボット」とはどんな投資信託?

公式サイトからeMAXIS Neo ロボットについて調べてみましょう。

ファンドの目的

「eMAXIS Neo ロボット」は、S&P Kensho Robotics Indexの値動きに連動する投資成果をめざします。

それによって高いリターンを目指すファンドになります。

S&P社のロボットの指数に連動するファンド

「S&P Kensho Robotics Index」は、簡単に言うと
AIが膨大な企業の資料を読んで、ロボットに関する企業を選びだした指数です。

この指数は米国のKensho(ケンショー)社によって運営されている「S&P Kenshoニューエコノミー指数」のロボットバージョンです。

まず、S&P Kenshoニューエコノミー指数の特徴を押さえておきましょう。

S&P Kenshoニューエコノミー指数の特徴

  1. AIによって、企業の開示情報などを全てチェックする
  2. 第4次産業の技術(テーマ)の企業を選び出す
  3. 選びだした企業をあわせて指数を作成する

インデックス指数に連動する銘柄ですが、範囲が「ロボット」に偏っているので、流行次第で価格の上下が激しい領域になりそうです。

SBI証券、楽天証券で買える

eMAXIS Neoはどこで買えるのでしょうか?

日本のネット証券で人気ランキング1位のSBI証券と、2位の楽天証券で購入ができます。
これらの証券会社なら購入時の手数料は無料です。

「NISA」「つみたてNISA」で買えるの?

eMAXIS Neo 自動運転をはじめとする「eMAXIS Neoシリーズ」は
一般NISAでは買えます。
残念ながらつみたてNISAでは買えません。

NISA種類購入可能
一般NISA
つみたてNISA
プラズマコイ

つみたてNISAでは購入ができません

【まとめ】eMAXIS Neo ロボットは「医療用、工業用などのロボット企業」に投資したい方におすすめのファンド

eMAXIS Neo ロボットについてのまとめ

  • 医療、産業用のロボット企業に一気に投資できるテーマ投資
  • 2020年は今ひとつの投資成績
  • 医療用を中心とした、ロボット開発企業に投資したい方におすすめ
  • テーマ投資なので、トレンドが終わったら手仕舞いを考える事も意識しつつ投資する

「eMAXIS Neoシリーズの記事一覧」になります。

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ ← ポチッと応援

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援