お金・株式投資

【成長株】「オービック (4684)」は儲かり過ぎで評判の基幹システムパッケージ販売会社。株価は?今は買いなのか?

こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)

今回は、今後の経済回復時に注目していきたい、
「オービック」の財務状況をチェックしていきたいと思います。

この銘柄は今買うべき「おすすめ銘柄」の仲間入りを出来るのでしょうか!?

「オービック」は、大企業の「統合管理ソフト」を提供する会社

Corporate Guide 2020 より

「オービック」の事業は主に「基幹業務システムパッケージ(OBIC7)の販売・開発」を中心とした企業です。
基幹業務パッケージはERPとも言われ、企業のさまざまなバックオフィス業務(人事、商品管理、財務など)を統合的にシステム化できるのが特徴です。

特に大企業は、このような業務を専門で請け負う財務部や総務部といった部署もあるように、
煩雑で膨大な作業が必要になります。

そういった業務をサポートする、大企業には必須なツールで、
初期導入金額も1000万円を軽く超えてくるような大規模なシステムパッケージです。

プラズマコイ

一度導入されてしまえば、ずっと使われるのが強み

オービックの主な事業は3つ

  1. システムインテグレーション事業
    統合業務ソフトウェア「OBIC7シリーズ」の販売・管理。
    直近ではクラウド版の需要も高まる。
  2. システムサポート事業
    OBIC7などのソフトウェアやハードウェアの運用支援、保守
  3. オフィスオートメーション事業
    「勘定奉行」などの奉行シリーズの販売と、印刷プリンタ、オフィス家具などの販売

時価総額は調査時点で「1兆9501億円」ということで大型株ですね。

また、オービックビジネスコンサルタント(4733)もグループ会社で上場しています。

今回は「オービック」について

  • 今後は業績を伸ばせるのか?
  • 配当金を出し続けられる企業なのか?
  • 今は買いなのか?

分析していきたいと思います。

チェックは「IR BANK」で行う

今回紹介されている方法は、IR BANKの「決算まとめ」から確認ができます。

※ページの下の方に「決算まとめ」のリンクがあります。

まずは配当利回りを見る

オービック (4684)
プラズマコイ

利回りはずっと低いまま

「オービック」の配当利回りは0%台です

業績の成長と、株式市場の相場も相まって、配当の伸び以上に株価があがっています
そのため、現時点で高配当株として検討はすべきではないと言えます。

それほど市場の期待値が高い企業です。
後述しますが、大ゴケするような企業ではないので、このあたりの安心感も株価を押し上げていますね。

今後は株価成長の期待を持ちつつ、

  • 今後キャピタルゲインを狙ったり、
  • 今後の配当の伸びを期待できるか

チェックしていきましょう。

売上(上昇トレンドであるか?)

オービック (4684)
プラズマコイ

売上は毎年微増だが堅実に上昇

株価が上昇したり、配当金を出し続けるためには、
売上が少なくとも維持」できている事が1つの目安です。

「オービック」の売上は急成長とは言えませんが、確実に成長をしてます。
急成長をしているグロース株ではないので、逆に「成長鈍化による株価下落を懸念しなくて良い」ので、そこはメリットかなと思います。

記事執筆の時点でPERは50倍くらいあるので、結構人気の銘柄だなという感想です。

それでは、オービックの強みを見ていきましょう。

営業利益率(10%以上は欲しい)

オービック (4684)
プラズマコイ

驚異的な営業利益率

「売上-経費」の儲かり具合が「営業利益率」です。
「営業利益率が高い=儲かりやすい企業」と覚えておきましょう。

業種ごとで異なりますが、日本全体の市場平均は7%です。
「オービック」の営業利益率は50%が目安。

この要因は粗利率にありますね。粗利率は70%くらい。
売上に対して、その原価があまりにも低いのですが、
これがソフトウェアを販売している企業の強みです。

IT産業は「モノを持たない」ので粗利率が高くできるのが強みですが、
その代表とも言えるような営業利益率ですね。

プラズマコイ

他と比べると、原価なんて無いようなものです。

もともと高い営業利益率ですが、企業努力で50%を超えてきており、このあたりも投資家に評価されていると思います。

EPS(一株当たり当期純利益)

オービック (4684)
プラズマコイ

伸びが半端ないが一旦ストップか?

1株あたりの利益であるEPS。
「当期純利益÷発行済の株の総数」で計算します。

要はEPSが高いほうが稼ぐ力が高い企業ってことですね。

EPSは個人的に「上昇中であるか、もしくは100円」が一つの目安です。

「オービック」のEPSは両方とも満たしていますね。
当期純利益も毎年伸び続けています。

しかし2021年の予想では横ばいで成長が一旦ストップしているように感じます。
今後業績が伸びないようであれば、今のバリュエーションを維持することは難しいかもしれませんね。

2021年3月期の予想は経常利益は結構伸びているので問題なさそうですが、
経常利益も伸びず、更にEPSが伸びなければ、株価が下る可能性があるかなと思います。

自己資本比率:高いほど良い(最低40%)

オービック (4684)

自己資本比率(株主資本比率)は、
要するに借金をしていないか?を見る指標です。

自己資本比率は最低40%〜かをチェックしましょう。

プラズマコイ

90%と、借金とは無縁

「オービック」の自己資本比率はもともと高く。
近年では90%に乗せてきました。

特に言うことがないほど、財務的には問題ないと判断できますね。

配当金(高いほど良い)

オービック (4684)
プラズマコイ

配当金をあげてきている

配当金は「株を持っているだけで、その企業からもらえるお金」です。

「オービック」は毎年のように増配をしています。
2021年3月期も185円と更に増配予想。

配当も業績が好調なので増配していますね。
当たり前ですが、やはり増配に業績の影響は大きいです。

配当性向:配当金÷EPS(儲けの何割を配当に出す?)

オービック (4684)
プラズマコイ

配当性向は40%が目安

配当性向は「稼いだ利益のうち、何割くらい配当金に使っている?」という指標です。
※【目安】業種によるが、市場平均は30%くらい。

「オービック」の配当性向は40%を目安とみて良さそうです。
業績の成長に伴い配当性向もあげてきており、株主還元の高さを伺えます。

個人的には配当性向は50%くらいまでが上限かなと思います。

営業活動によるキャッシュフロー

オービック (4684)
プラズマコイ

安定的に黒字

「営業活動によるキャッシュフロー」は簡単に言うと
「商売によって儲けたお金がいくらになったか?」の数字です。

会社の「儲ける力」を調べる項目です。

「オービック」の営業CFは概ね安定黒字。

ここ10年で約2倍、ここ5年で1.5倍と順調に成長できていると判断できます。
やはり営業利益率が高いので、売上が伸びると営業CFにもポジティブな影響が出やすいですね。

現金等はいくらあるか?(業績悪化の耐性)

オービック (4684)
プラズマコイ

もう現金が貯まり過ぎて困るレベル

次に見ていきたい項目は企業が保有する「現金など」です。

基本的に保有する”現金など”は多い方が良いです。
現金の重要性は「個人の家計でも企業の財務でも同じ」です。

「オービック」の現金は近年は増加の一途ですね。

配当性向を上げてもまだ余りあるほど現金があるように見えます。
特に投資やM&Aなど、大きい現金を使う事もなく進んでいるので、どんどん積み上がっていますね。

現金などの保有額としては全く問題ないですね。

配当金の支払い額(現金などの何パーセントか?)

オービック (4684)

今の財務状況での配当金の支払い能力はどうでしょうか?

プラズマコイ

とりま150億くらい用意できればOKかな

投資家としては基本的に、業績が悪化しても配当を維持して欲しいものです。

配当を維持するためには、短期的に「利益が多少悪化しても配当を支払える現金」があればよいということになります。
そのため、配当金の総支払額を見ることがポイントになります。

「オービック」は増配してますので、さしあたり150億くらいが1つの目安です。
配当性向が仮に50%だとしたら300億円くらい利益をだしてくれればといった所ですね。

【まとめ】オービックは「大企業の基幹パッケージ」を構築、販売する会社

プラズマコイ

今後もOBIC7の新規導入が進められるか?

オービックの財務分析のまとめです。

項目評価コメント
配当利回り0%台
売上高毎年成長
EPS(1株利益)毎年成長中
300円を超える
営業利益率50%以上
自己資本比率90%以上
1株配当増配中
配当性向40%くらい
営業CF増加中
現金などかなり豊富
数字は記事投稿当時のものです。評価は筆者の主観です。

総評としては、企業の「総務など各種の業務のIT化の需要」に乗り、業績を伸ばせている優良な企業です。

「オービック」の今後の株価は?今は買い時かを予想する

最後に、記事投稿時点でのプラズマコイの投資判断です。

プラズマコイ

【中立】今後の決算で一喜一憂

この記事の執筆時点では株価は19,580円。
チャートは非常にきれいな右肩あがりです。

今は高値圏で推移することになるので、
相場の状況や、決算が重要になってくると思います。

ポイントは、OBIC7の新規開拓がどのくらい進むかな?という点かなと思います。

※投資は自己責任でお願いします。

株価が高い株を買う場合は「SBIネオモバイル証券」がおすすめ

株価が高かったり、投資資金が少ない場合、
1株から買えるのが「SBIネオモバイル証券の魅力」

こんな方におすすめです。

  1. 個別株で欲しい銘柄があるけど、高くて変えない。
  2. 投資資金は多くないけど、色んな株を買いたい。
  3. 取引金額が少ないし、手数料は少なくしたい。

SBIネオモバイル証券の月額費用は200円(税抜)、取引手数料は50万円までの取引は何回やっても固定なので、
株価が高くて買えない場合は、1株単位で少しずつ買って小額から始めるられるのでおすすめです(^^)

さらに毎月Tポイントが200ポイントが付与され、そのTポイントでも株が買えます。
つまり実質の維持コストは毎月20円と激安です。

この記事が為になったと思ったら応援クリックをお願いします(^^)↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

関連コンテンツです。

キャッシュレス時代の急成長企業「GMOペイメントゲートウェイ」です。

【超成長】「GMOペイメントゲートウェイ(3769)」は業績急成長で評判の決裁代行会社。株価は?今は買いなのか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、コロナ銘柄として一世を風靡している、「GMOペイメントゲ...

IT系の企業です。こちらは業績が堅いですね。

【高配当】「JFEシステムズ(4832)」は財務優良のおすすめの高配当銘柄。投資すべきか? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当株として注目の「JFEシステムズ」の財務状況をチェ...

こちらも似たような堅調さがある企業ですね。

【高配当】「アサンテ(6073)」は堅実さが魅力のシロアリ駆除会社(株主優待あり) こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、高配当銘柄として人気の、アサンテの財務状況をチェックして...

総合商社7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】大手総合商社7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、総合商社のなかで、財務優良な高配...

化学メーカー7社の中で”買い”の高配当株を探しました。

【高配当株を探す】総合化学メーカーなど、化学産業7社の企業比較!どの株がおすすめ? こんにちはプラズマコイ(@purazumakoi)です(^^) 今回は、日本に無くてはならない、化学産業のなかで、財務優良な高配...

安定企業、三井住友ファイナンシャルGの財務分析です。

https://manabinomado.com/money_investment/%e3%80%90%e9%ab%98%e9%85%8d%e5%bd%93%e3%80%91%e3%80%8c%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%978