株式投資・金融知識

【企業分析】「営業利益率」の見かたについて詳しく学ぶ【株式投資】

プラズマコイです(^^)
SNS: PostPrim

今回は「営業利益率」について解説してきます。

株式投資をする上で、その企業の営業利益率を見ることは重要です。

なぜ営業利益率を見るべきなのでしょうか?
営業利益率が高い企業は、競合優位性を持っている強い企業の場合が多いからです。

競合優位性技術力や高いサービス力などによって作られます。
それにより儲かりやすい企業が生まれるため、営業利益率は重要な指標になるのです。

儲かりやすい企業であれば、稼いだお金を設備投資などに使い、事業をどんどん大きくできます。業績悪化の時も倒産リスクは低いです。
株主還元もたくさん期待できますね。

つまり、営業利益率が高いほうが、将来的に投資家にとってメリットになりやすいと言えるでしょう。

今回は、企業の強さを知るための「営業利益率」の見方や考え方を解説していきます。

また、営業利益率と合わせて見ていきたい別の数字も紹介していきます。

本ブログは株式投資から経済を学ぶブログです。応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

プラズマコイ

営業利益率が高い企業は、それだけで注目度が高くなりますね

営業利益率が高い企業は、そのビジネスの強みから注目度が高く、PERも高めになりがちです。
営業利益率が高いからといって、永遠に株価があがったり、増配をできるわけではありませんが、企業の永続性の観点では確実にプラス要因で、強いメリットであることは確かですね。

企業分析の指標解説はシリーズ化していきます。
#企業分析の指標 ←ほかの解説はこちらから

営業利益率ってどんな数字?


営業利益率は「売上高に対する営業利益の割合」のことです。

営業利益率は「売上高に対する営業利益の割合」のことです。

・・・はて?よくわかりませんね。
営業利益”率”の前に、そもそも「営業利益」が何かについて学びましょう。

営業利益”率”と合わせて「営業利益」について把握しよう

※経費には人件費なども含まれますあります。

営業利益とは
売上高から、売上原価、経費(販売費、一般管理費)を引いたものです。

営業利益は、その企業が本業で儲けた金額です。
営業利益率は、売上高に対する、営業利益の割合です。

企業は売上高をあげるため、人を雇い(人件費)、広告を出し(販売費の中の広告宣伝費)、お店の家賃を払い(一般管理費の中の家賃)など様々な経費がかかります。

営業利益率は、これらのコストをなるべく抑えて、売上高をあげる力が現れている結果です。
つまり、営業利益率が高いということは、同じ金額を売るにも、経費を抑え、効率的に儲けることができているということになります。

営業利益率が高い企業ってどんな企業?


営業利益率が高い企業ってどんな企業でしょうか?

ここまでで、営業利益率が高い企業の強さについて紹介してきました。
では、どんな企業が営業利益率が高くなるのでしょうか?

もちろん企業の経営が上手いことが答えですが、
経営者の手腕だけではなく、業種の特性というものがあります。

「安定して高い営業利益率」の企業が多い業種

  • 金融系(銀行、保険、証券、クレジットカード、ローン融資など)
  • IT企業
  • 通信キャリア
  • 寡占・独占状態の企業

安定して儲けられる業種はの筆頭は金融系の業界です。
いわゆる「金貸し」「手数料ビジネス」が該当します。

例えば全国保証(7164)は住宅ローンの会社です。
住宅ローンは典型的な「金貸し」による金利収入ビジネスですね。

近年人気なのはIT事業ですが、注意点は競争が激しいところです。
それでも、ITビジネスのいいところはパソコン1台だけで出来る点です。
つまり、経費が抑えられるということです。

競争は激しいですが「IT事業 x ストックビジネス」というのは一つの王道パターンになっています。
例えば、商品のストック性が高いオービック (4684)のようなIT企業は非常に営業利益率が高くなっています。

オービックの場合はIT産業の中でも、会計ソフトという参入障壁が高い商品を扱っているため、無敵の強さを誇っていますね。

【強いビジネス基盤】営業利益率40%超え企業20選 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は「3年平均の営業利益率が40%以上」の日本企業をピックアップし...

営業利益率と合わせて見たいチェック項目3選


営業利益率と一緒に見たい項目を紹介します。

営業利益率が高いと企業の魅力はあがります。
しかしそれだけで、その企業の株を買うかは決めきれないところがあります。

そのため、営業利益率と合わせて見ておきたい3つの項目を紹介します。

営業利益率と合わせてみたい項目3選

  1. 売上高
    売上高が上昇傾向であることが大事。営業利益率が高い企業は売上高があがると、利益がたくさん残る
  2. 営業活動によるCF
    売上高が上昇傾向で、営業利益率が高ければ、営業CF(現金を稼ぐ力)は高くなる傾向がある。
  3. 経常利益
    営業利益に対して、大きな経常利益の上下が続く場合、企業価値の見直しが必要になる可能性がある。

【まとめ】高い営業利益率の企業は強者の証

プラズマコイ

連続増収・増益企業ならなおさら魅力的ですね。

最後にまとめです。

今回は「営業利益率の見かた」について解説しました。

企業業績を分析する「ファンダメンタルズ分析」を行う上でプラズマコイが強く注目する項目が「営業利益率」です。

営業利益率が高い企業は、強いビジネスモデルを持っている場合が多く、簡単に倒産しにくい傾向があります。

その上で増収・増益を続けている企業であれば、今後の利益増加や株主還元にも期待できますね。

この記事のまとめ

  1. 営業利益率が高い企業は「競合優位性」が高い強い企業である。
  2. 営業利益率が高い企業は「安定成長」「業績悪化時も耐えられる」の可能性が高い。
  3. 営業利益率が高い企業は「将来的に投資家」に高い株主還元が期待できる。

※本記事は特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。
※投資は自己責任でお願いします。

本ブログは株式投資から経済を学ぶブログです。応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ← ポチッと応援

個別株の分析に興味がある人におすすめの記事

この記事をご覧のかたで、個別株の分析に興味がある方におすすめのツールがあります。
マネックス証券の「銘柄スカウター」を使った株の分析方法を解説しています。

【使い方11選】株の分析ツールは「マネックス証券の銘柄スカウター」がおすすめ!【初心者でもすぐできる】 プラズマコイ(@purazumakoi)です(^^)今回は僕が普段やっている「ファンダメンタルズ分析」の方法を紹介します。 僕は...

マネックス証券なら「企業の分析」が簡単にできる

上の記事でも解説していますが、プラズマコイが分析用に使っているツールは
マネックス証券の「銘柄スカウター」です。

以下が気に入ってるところです。

  1. 企業の業務内容・サービスの概要がわかる
  2. 企業がどんな事業セグメントを持っているかがわかる
  3. 直近の決算短信などのIR情報にすぐにアクセスできる
  4. 各年度ごとや四半期ごとの業績推移が見やすい

銘柄スカウターはマネックス証券の口座を持つことで使えます。
そして口座開設は無料。無料なのでノーリスクです。
口座開設がまだの方はとりあえず開設しておいても損はないので開設しましょう。

関連コンテンツです。

円安時に業績を伸ばしそうな日本株の好業績企業をピックアップしています。

【円安銘柄】海外売上比率50%以上の増益・増配株60銘柄【日本株】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は日本株で「海外売上比率が50%以上」の有望企業をチェックします...

日本株で連続増配の優良企業60銘柄と、注目の企業をピックアップしました。

「連続増配株ランキング」ベスト60銘柄[2022年]の割安度をチェックする【10年以上 連続増配】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 更新履歴 2022.3.29 公開2022.11.10 割安度を見...

連続増配株を中心に野球の打線を組み攻守のバランスの良い高配当ポートフォリオを作りました。

【決定版】高配当株で野球の打線を組む【攻守に優れた高配当株9選+12選】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 先日、投資家バクさんが高配当株で野球の打線を組んだ場合の企業イメージ...

高い営業利益率と高い自己資本比率を持つ安定高配当株を紹介しています。

【優良銘柄】高い営業利益率&高い自己資本比率の高配当株30選 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は、営業利益率が高く、自己資本比率も高い、業績・財務が安定してい...

2022年の投資環境を考慮したディフェンシブなおすすめポートフォリオを紹介します。

【2022年の投資戦略】攻守のバランスを考えた「日本株30選」厳選ポートフォリオを設定【今年の主軸銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

割安高成長の銘柄をピックアップしました。

【2022年はバリュー株の時代】割安で高成長の日本株32選【テンバガー候補の注目10銘柄】 プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 2022年は米国の長期金利が上昇するため「バリュー株の年」と言われて...

高齢化社会に向けた注目銘柄です。

4/20更新【高齢化社会】看護・介護・通院関連の企業株おすすめ13選!いま投資すべき会社を探す! プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim 今回は高齢化社会に伸びそうなの銘柄をいくつかピックアップして、業績が...

物流関連の銘柄をピックアップしました。

【おすすめ】物流・倉庫株19選!注目の物流関連の銘柄をピックアップ プラズマコイです(^^) SNS: PostPrim ※2021年8月14日に公開した記事を2022年8月21日版に更新し...